新生「ネッツ」、5月にスタート

2004.03.30 自動車ニュース

新生「ネッツ」、5月にスタート

トヨタ自動車は、2004年5月より再出発する同社の販売網「ネッツ店」の概要を、3月29日に発表した。

顧客の価値観やマーケットの変化に対応せんと、ブランドチャネルの再構築「商品・流通政策」に取り組んでいるというトヨタ。この政策では、アメリカで成功した高級ブランド「レクサス」を国内で展開する一方、トヨタブランドを既存5チャネルから4チャネルへ再構成することが決まっている。

「ビスタ店」と統合して生まれる新しい「ネッツ店」は、販売会社数119社、店舗数約1600店、約3万人を擁するネットワークとなる。取り扱い車種は、現行17車種から21車種へ拡大。中期販売目標を、シェア15%の年間60万台以上に設定。オリジナルの車両シンボルマークやコンサルティングに重点を置いたスタッフ応対などで付加価値を与えながら、特に若者や女性などの顧客層を獲得するのが目論見だろう。

新「ネッツ店」取り扱い車種:
アリスト
アルテッツァ
アベンシス
MR-S
アレックス
ラウム
ファンカーゴ
bB
WiLL サイファ
イスト
ヴィッツ
イプサム
ウィッシュ
シエンタ
アルファードV
アルファードハイブリッド
ヴォクシー
クルーガーV
RAV4J
レジアスエース
ライトエース

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

 
新生「ネッツ」、5月にスタートの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。