「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOから

2004.03.29 自動車ニュース

「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOから

日産自動車の関連会社で、モータースポーツ系事業を手がけるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、2004年3月24日、日産「フェアレディZ」「スカイラインGT-R」専用のフェンダーカバーを発売した。

対象モデルは、現行型「Z33」フェアレディZと、スカイラインGT-Rの「BNR34」「BCNR33」モデル。フェンダーカバーは、白ゲルコートで仕上げたFRP(繊維強化プラスティック)製の専用品で、フェンダー側面の端部に装着すると、車両全幅は片側あたり約8mm広がる。

汎用の市販されているラバーモールとは異なる専用設計は、流麗なフェアレディZ、野性的なスカイラインGT-Rという、それぞれのスタイリングにマッチしたデザインを指向している。
タイヤのインチアップにより、フェンダーからタイヤがはみ出す場合だけでなく、エアロキットとあわせたドレスアップパーツとしても効果的という。

フェアレディZ用と、スカイラインGT-RのBCNR33用はリアフェンダーのみの設定で、価格はいずれも左右セットで2万1000円。スカイラインGT-RのBNR34用はフロント&リアのセットで3万9900円(いずれも消費税込み、取付および塗装費は別)。

全幅の拡大は片側10mm以内に収まるため、改造申請は不要だが、装着時にフェンダーラウンジ部とバンパーラウンジ部に穴開け加工が必要となるという。

(webCG カワデ)

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル:
http://www.nismo.co.jp/

 
「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOからの画像

「スカイラインGT-R(BNR34)」用フロント
 

	「スカイラインGT-R(BNR34)」用フロント
	 

関連キーワード:
GT-RフェアレディZ日産カーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る