「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOから

2004.03.29 自動車ニュース

「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOから

日産自動車の関連会社で、モータースポーツ系事業を手がけるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、2004年3月24日、日産「フェアレディZ」「スカイラインGT-R」専用のフェンダーカバーを発売した。

対象モデルは、現行型「Z33」フェアレディZと、スカイラインGT-Rの「BNR34」「BCNR33」モデル。フェンダーカバーは、白ゲルコートで仕上げたFRP(繊維強化プラスティック)製の専用品で、フェンダー側面の端部に装着すると、車両全幅は片側あたり約8mm広がる。

汎用の市販されているラバーモールとは異なる専用設計は、流麗なフェアレディZ、野性的なスカイラインGT-Rという、それぞれのスタイリングにマッチしたデザインを指向している。
タイヤのインチアップにより、フェンダーからタイヤがはみ出す場合だけでなく、エアロキットとあわせたドレスアップパーツとしても効果的という。

フェアレディZ用と、スカイラインGT-RのBCNR33用はリアフェンダーのみの設定で、価格はいずれも左右セットで2万1000円。スカイラインGT-RのBNR34用はフロント&リアのセットで3万9900円(いずれも消費税込み、取付および塗装費は別)。

全幅の拡大は片側10mm以内に収まるため、改造申請は不要だが、装着時にフェンダーラウンジ部とバンパーラウンジ部に穴開け加工が必要となるという。

(webCG カワデ)

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル:
http://www.nismo.co.jp/

 
「Z」「GT-R」専用フェンダーカバー、NISMOからの画像

「スカイラインGT-R(BNR34)」用フロント
 

	「スカイラインGT-R(BNR34)」用フロント
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編) 2017.6.29 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産GT-R」に試乗する。デビューから10年を経たR35型GT-Rは、どこまで熟成されたのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
ホームへ戻る