第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエン

2004.03.28 小沢コージの勢いまかせ!

第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエン

 
第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエンの画像
 
第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエンの画像
 
第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエンの画像

■かなりイイ

ホントは海外出張ネタがまだまだあるんだけどさ。閑話休題。日本で乗ったクルマの話しをば。「シトロエンC2」が日本に入ってきました。現在わりと評判のいい「C3」の、さらに小さいクーペ版とでも呼ぶべきヤツね。プラットフォームはC3と共通で、インパネも同じ。1.6リッターエンジンも、もちろん共通。全長、ホイールベース共に結構縮められてますけど。
ついでに言うと、将来同じプラットフォームで「プジョー206」の後継もつくられるとか。専門的な話だけどね。

結論から言っちゃうと、かなりイイと思いました。
まずデザインがいいよね。シトロエンらしく、なおかつモダンでカッコいい。ちょっとガンダム的テイストも入ってるし。まあ、この「シトロエンらしく」ってのが人によって様々で、「どこが?」っていわれると、歴史的なディテールが踏襲されてるかはわからないんだけど、独特のノッペリした感じがいいじゃない。
「カッコはいいけどカッコよすぎない」っていうの? 俺のなかでは、そのブキミで無表情なヘッドライトが“らしくて”よい。個人的な感じ方ではあるけど。

 
第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエン

それから走りがいいよね。1.6リッターモデルの「VTR」ってヤツが最初に導入されたわけだけど、スポーティグレードゆえ、個人的には「硬すぎる」と思った。まっすぐ走ってるだけでピョコピョコ跳ねる。だけど、ボディがしっかりしていて意外と不快じゃないし、特にステアリングまわりの剛性感が高い。安心できるし、感触いいし、路面の状況をよく伝えてくれるのだ。
シトロエン独自の2ペダルマニュアル「センソドライブ」はシフトチェンジでややギクシャクするけど、この手としてはマシな方。高速の追い越しでややもたつく時があるが、慣れれば問題ないでしょう。

インテリアはハデな色づかいもあって、一瞬「安っぽいか?」とも思うけど、シートは厚みがあってしっかりしてるし、乗ると誤解だというのがわかる。

 
第111回:「C2」遂に日本上陸!これから期待できるかもよ?シトロエンの画像
【スペック】
1.6 VTR(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3670×1660×1460mm/ホイールベース=2315mm/車重=1080kg/駆動方式= FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブ(110ps/5800rpm、15.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=194.0万円
【スペック】
	1.6 VTR(2ペダル5MT):全長×全幅×全高=3670×1660×1460mm/ホイールベース=2315mm/車重=1080kg/駆動方式= FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブ(110ps/5800rpm、15.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=194.0万円

■爽快で新しい

ってなわけでね。総じていうと「ラテン車らしい爽快感」と「シトロエンらしさ」と「新しい感じ」があるのだ。特に前の「サクソ」と比べると新鮮だと思う。普通の人から見ても「なにこれ?」って感じるクルマではあるまいか。C3しかり、今後のシトロエンブランドは注目なのでは? と思いました。消費税抜きだと200万円を切る車両価格もいいよね。サクソよりかなりお買い得。

ただね。唯一、販売力がまだまだ。専売店が全国で48店舗になったのはいいけど、認知度低いし、2004年内は300台しか入らないんだって。もっとウケるクルマだと思うけど……。とはいえクルマビジネスは水商売ですから、“恐る恐る”の姿勢はわからなくもない。

ま、クルマ好きには有名で歴史もあるけど、こう言っちゃあなんだけど、日本じゃ一度死んだようなブランドだからね、シトロエン。C3、C2は結構いいクルマなんで、個人的にも応援したいわけよ。みなさん、なにとぞよろしくお願いいたします。

(文=小沢コージ/2004年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る