第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)

2004.03.27 小沢コージの勢いまかせ!

第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)

 
第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)の画像
 
第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)の画像
 
第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)の画像

■不満がほとんどない

前編からの続き)
ゴルフVを見ると思う。「今までのゴルフは別に“我慢グルマ”だとは思ってなかったけど、けっして“十分満足グルマ”ではなかった」。
たとえば身長180cmぐらいの大人が前に座ると、リアシートは狭いとは言わないまでも、広くはなかった。トランクもしかり、大人4人で長距離旅行ができるほどは積めなかった。
走りも楽しいけど、音がうるさいとかハンドルが重たいって部分がないとも言えなかった。

その点、ゴルフVはその手の不満、つまりちょっとした料理の“アク”というか、生産工程でできる“バリ”みたいなものがほとんどない。過去はそれが、イイ意味でも悪い意味でも個性になっていたが、それがない。「不満のほとんどないゴルフ」と言ってもいいのかもしれない。

で、果たしてそれはゴルフらしいのか、ゴルフらしくないのか、っていうとやっぱりゴルフらしい部分もあるんだよね。たとえばリアスタイル。テールレンズはIVの四角いものから、可愛い丸2つタイプに変わり、全体的にどっしり下ぶくれな「おたふくスタイル」になったけど、長らく見ると実にゴルフっぽいのよ。具体的にはリアピラーの太さ、角度がポイントらしいけど、「ああ、ゴルフもカッコよくなったなぁ」と思わせるものがある。

 
第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)の画像
 
第110回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(後編)の画像

■ゴルフなりのバランス感

それからね。長距離乗るとわかるんだけど、基本的には「ドイツ的な快適移動空間」なのよ。あくまでも走って運んでナンボのクルマ。ハンドルが軽くなったとはいえ、楽しさや安心感はほとんど失われてないし、カッコよくなったとはいえ、アルファロメオみたいに「カッコだけでイケる」ようになったわけではない。
ルノー・メガーヌと較べるとよくわかるけど、あれは今までになくスタイルと走りに振ったでしょ。ところがその手のバランスは、ゴルフにかぎってはけっして崩されてない。

デカくなったぶん、走りもリアシートも荷室容量も増えている。あくまで基本は「走りが好きなマジメなお父さん向け」だ。ただ、昔ほどのガンコさはなくなったかな……。
昔とんでもなくワルだった同級生でも、月日が立つと「オマエも丸くなったなぁ」って変貌を遂げてたりするでしょ。一見、昔のヤバさは取れてるんだけど、しゃべると変わってない部分もある。ゴルフもそんな感じよ。

ま、変わったのは事実。許せない、許せるは、乗る人の心の広さによりますかね。

(文=小沢コージ/2004年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
ホームへ戻る