第109回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(前編)

2004.03.26 小沢コージの勢いまかせ!

第109回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(前編)

 
第109回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(前編)の画像
【スペック】
ゴルフV 2リッターFSI:全長×全幅×全高=4204×1759×1485mm/ホイールベース=2578mm/車重=1279kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)
【スペック】
	ゴルフV 2リッターFSI:全長×全幅×全高=4204×1759×1485mm/ホイールベース=2578mm/車重=1279kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)
ゴルフVのボディは、ねじれ剛性が静的で80%、動的では15%高められたという。
ゴルフVのボディは、ねじれ剛性が静的で80%、動的では15%高められたという。

■多様化の時代

あのですねぇ。昔、とある作家さんが「個性はわざと残すもんじゃない、仕方なく残っちゃうものなんだ」って言ってたけど、ホントだよね。
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ、つまりゴルフV。先日、ジュネーブショー取材の際にジュネーブからチューリッヒまでの区間を初めて乗ったけど、まさしくそう思いました。物凄くよくなって、ゴルフとは思えないくらいデカくなってるんだけど、「不思議とゴルフっぽい」。そういうクルマなのだ。

報道によると、「ヨーロッパでゴルフVは“思ったより”売れてない」とか。ジュネーブショーで仲良くなった通訳さんが教えてくれたけど、VW会長のベルント・ピシェッツリーダーさんは、こう言ったという。「これからはゴルフだけに頼る時代じゃない。派生車種も含めて勝負していかないと」。
「(ゴルフ)トゥーラン」はもちろん、シュコダやセアトなど、VWグループ全体で「ゴルフクラス」を盛り上げていこうと。つまりは多様化の時代ということだ。

とはいえゴルフV。ヨーロッパでもゴルフIVの倍ぐらい売れてるらしいけどね。発売直後の2003年7月から12月までの販売台数は、IVが約4万5000台だったのに、Vは約10万7400台。倍以上の伸び。しかし「本当は4倍ぐらいを狙ってた」とか。先代がそんなに売れてなかったとは知らなかったが、とにかく「ゴルフ」は昔と同じではいられない存在なのである。

マルチリンク式となったゴルフVのリアサスペンション。IVはコンパクトハッチの定番(?)、トーションビーム付きトレーリングアームだった。
マルチリンク式となったゴルフVのリアサスペンション。IVはコンパクトハッチの定番(?)、トーションビーム付きトレーリングアームだった。
パワーステアリングはモーターがアシストする電動式。
パワーステアリングはモーターがアシストする電動式。
 
第109回:「ゴルフV」でチューリッヒまで それでも残った「ゴルフっぽさ」が凄い(前編)の画像

■高級化……?

ってなわけでゴルフV。ハッキリ言って様変わりしてます。デザインはもちろん、ボディサイズは長さで55mm、幅で24mm、高さで41mmデカくなった。全幅なんて1759mmもある。全然「コンパクトカー」って感じじゃない。ちょっと小さなミニバンぐらいだ。一緒に乗った自動車ジャーナリストの日下部さんが「今までと同じだったらミニバンと勘違いしちゃうから、このデザインにしたのかもね」って言ってたけど、それも一理あり。
それから、レーザー溶接部分が、全部合わせると70mもあるというボディが凄い。剛性感もさることながら気密性が高く、すごく静か。特にリアシートの静粛性は驚異的で、後ろのピラーのあたりから妙な共鳴音がしまくってたゴルフIIが懐かしいほど。

ハンドリングはまさに「これがゴルフか?」ってくらい軽く、ナチュラル。切った方向に自然とノーズを向け、高速でも低速でも思うように曲がる。昔ほどビシッと「なにがなんでも真っ直ぐ行くぞ〜」って感じの直進性はなくなったけど、けっして怖くなったワケではない。より「思い通りに動くようになった」だけだ。
乗り心地も確実によくなった。リアの新しいマルチリンク・サスペンションの性能が高く、全体を柔らかくできたようで、昔あった「ゴワゴワ感」はほとんどない。

でもね。はたしてそれが「高級化」かといわれると、疑問なんだよね。格別にデザインが先鋭的、前衛的かっていうとそうでもないし、乗り心地がフワフワかっていうとそうでもない。それより「不満がなくなった」と表現する方が適切な気がする。それも、ほとんどあらゆる方面での不満が。
たとえばデザインに「実用車っぽさ」をほとんど感じないわけだし、リアシートは大人が足組んで座れるほど広い。それでいて、トランクは俺の海外旅行用のバッグが縦に積めるほど。(後編に続く)

(文=小沢コージ/2004年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • 【フランクフルトショー2017】羊の皮をかぶった狼!? 「ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ」登場
    2017.9.12 自動車ニュース 独ポルシェは2017年9月11日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において「911 GT3ツーリングパッケージ」を世界初公開すると発表した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る