ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場

2004.03.26 自動車ニュース

ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場

ジャガージャパンは、ジャガーの高級大型セダン「XJ」シリーズに、3リッターV6エンジンを搭載した廉価版「XJ6 3.0」を追加設定、2004年4月1日に発売する。価格は849.0万円(税込み)。

「XJ6 3.0」のパワーユニットは、他のバリエーションがV8エンジンなのに対し、V6の3リッターとなる。最高出力は、「XJ8 3.5」の3.5リッターV8比で29psダウンし243ps/6800rpm、最大トルクは同4.0kgm細い30.6kgm/4500rpm。ジマンのアルミニウム・モノコックボディ構造により、車重は1630kgと「ラージプレミアムサルーンではクラス最軽量を誇ります」(プレスリリース)。その甲斐あってか、燃費は、7.7km/リッター(10・15モード)とシリーズ中最良だ。

技術面では上級グレードから多くを踏襲。ダンパーの減衰力調整および車体姿勢をコンピューター制御する「CATS(コンピューター・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)」、アンチスピンデバイスたる「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」、超音波によって乗員の位置を感知し、エアバッグの開放を調節する安全システム「ARTS(アダプティブ・リストレイン・テクノロジー・システム)」を搭載する。トランスミッションもZF製6段オートマチックと同じだ。

装備面では、12ウェイ電動レザーシート、バー・ウォールナットウッドフェイシア、電動調整式フットペダル、TV・VICS内蔵のタッチパネル式7インチDVDナビゲーションシステムなどを採用。廉価だからといって質は落としてないと暗黙のうちに主張する。

外観上の識別点は、ひとまわり小さい17インチアロイホイール、そして「XJ6」のバッヂだ。

XJ8 3.5よりも46.0万円安いプライスタグを付けたXJ6 3.0。「Xタイプ」で裾野を広げつつあるジャガーブランドのさらなる拡販を担う。

なお、シリーズの価格は以下の通り(すべて税込み表示)。

XJ6 3.0(3リッターV6) 849.0万円
XJ8 3.5(3.5リッターV8) 895.0万円
XJ8 4.2(4.2リッターV8) 1075.0万円
XJR(4.2リッターV8スーパーチャージャー付き) 1295.0万円
Super V8(4.2リッターV8スーパーチャージャー付き) 1360.0万円

(webCG 有吉)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/

 
ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場の画像


 
ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場の画像
関連記事
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 JAIA輸入車試乗会2017 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
    「ジャガーXF」の乗り心地をチェック
    2016.7.20 ジャガーXF長期試乗リポート スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の4ドアサルーン「ジャガーXF」は、どんな乗り心地なのだろうか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る