ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場

2004.03.26 自動車ニュース

ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場

ジャガージャパンは、ジャガーの高級大型セダン「XJ」シリーズに、3リッターV6エンジンを搭載した廉価版「XJ6 3.0」を追加設定、2004年4月1日に発売する。価格は849.0万円(税込み)。

「XJ6 3.0」のパワーユニットは、他のバリエーションがV8エンジンなのに対し、V6の3リッターとなる。最高出力は、「XJ8 3.5」の3.5リッターV8比で29psダウンし243ps/6800rpm、最大トルクは同4.0kgm細い30.6kgm/4500rpm。ジマンのアルミニウム・モノコックボディ構造により、車重は1630kgと「ラージプレミアムサルーンではクラス最軽量を誇ります」(プレスリリース)。その甲斐あってか、燃費は、7.7km/リッター(10・15モード)とシリーズ中最良だ。

技術面では上級グレードから多くを踏襲。ダンパーの減衰力調整および車体姿勢をコンピューター制御する「CATS(コンピューター・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)」、アンチスピンデバイスたる「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」、超音波によって乗員の位置を感知し、エアバッグの開放を調節する安全システム「ARTS(アダプティブ・リストレイン・テクノロジー・システム)」を搭載する。トランスミッションもZF製6段オートマチックと同じだ。

装備面では、12ウェイ電動レザーシート、バー・ウォールナットウッドフェイシア、電動調整式フットペダル、TV・VICS内蔵のタッチパネル式7インチDVDナビゲーションシステムなどを採用。廉価だからといって質は落としてないと暗黙のうちに主張する。

外観上の識別点は、ひとまわり小さい17インチアロイホイール、そして「XJ6」のバッヂだ。

XJ8 3.5よりも46.0万円安いプライスタグを付けたXJ6 3.0。「Xタイプ」で裾野を広げつつあるジャガーブランドのさらなる拡販を担う。

なお、シリーズの価格は以下の通り(すべて税込み表示)。

XJ6 3.0(3リッターV6) 849.0万円
XJ8 3.5(3.5リッターV8) 895.0万円
XJ8 4.2(4.2リッターV8) 1075.0万円
XJR(4.2リッターV8スーパーチャージャー付き) 1295.0万円
Super V8(4.2リッターV8スーパーチャージャー付き) 1360.0万円

(webCG 有吉)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/

 
ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場の画像


 
ジャガー「XJ」に3リッターV6搭載の廉価モデル登場の画像

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る