【スペック】SLK350(海外仕様):全長×全幅×全高=4082×1788×1298mm/ホイールベース=2430mm/車重=1465kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)

メルセデスベンツSLK200コンプレッサー(5AT)/SLK350(7AT)【海外試乗記】

打倒ピュアスポーツ 2004.03.25 試乗記 メルセデスベンツSLK200コンプレッサー(5AT)/SLK350(7AT)電動格納式ハードトップを備える、メルセデスベンツの2座オープン「SLK」。約8年ぶりにフルモデルチェンジした新型に、自動車ジャーナリストの河村康彦が、スペインで乗った。

“プチ”SLRマクラーレン!?

1996年に颯爽と登場した、初代「メルセデスベンツSLK」。カジュアルなルックスや、クーペとオープンを両立するリトラクタブル式ハードトップ「バリオルーフ」の採用など、メルセデスベンツらしからぬ(?)小洒落たモデルは、発売以来世界で30万台以上をリリースするヒット作となった。
しかし、時代は移り、「ダイハツ・コペン」や「プジョー206CC」「307CC」など、リトラクタブル式ルーフを備えるクルマは、軽自動車にまで普及が進んだ。もはやそれだけではめずらしくない状況である。

ダイムラークライスラーが新世代SLKに採った作戦は、スポーツ度の大幅向上だ。快適性に富むクーペと、圧倒的な開放感が味わえるオープンボディの同居という、従来の特長はそのまま。さらに、「ポルシェ・ボクスター」や「BMW Z4」など、ピュアスポーツに匹敵する性能を加えたのである。
その志は、スタイリングに表われている。プロポーションはご覧のように、従来よりはるかに躍動感に富んでスポーティだ。長く伸びたF1ノーズ(!)と後退したキャビン、シャープなウェッジシェイプの組み合わせは、まるで「“プチ”SLRマクラーレン」(!?)といったノリである。



メルセデスベンツSLK200コンプレッサー(5AT)/SLK350(7AT)【海外試乗記】の画像


メルセデスベンツSLK200コンプレッサー(5AT)/SLK350(7AT)【海外試乗記】の画像
【スペック】
SLK200コンプレッサー(海外仕様):全長×全幅×全高=4082×1777×1296mm/ホイールベース=2430mm/車重=1390kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブ・スーパーチャージャー付き(163ps/5500rpm、24.5kgm/3000〜4000rpm)

【スペック】SLK200コンプレッサー(海外仕様):全長×全幅×全高=4082×1777×1296mm/ホイールベース=2430mm/車重=1390kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブ・スーパーチャージャー付き(163ps/5500rpm、24.5kgm/3000〜4000rpm)

スポーティ&開放的

インテリアもやはり、グンとスポーティに振られた。
メカニカルなシルバーにペイントされた、2つの短いシリンダー状チューブ内に、速度計とタコメーターが収められる。いずれもドライバーに向けられた、ドライバー・オリエンテッドなレイアウトだ。ナビゲーションシステム用のモニターが、比較的高い位置に置かれたところに、設計時期の新しさが感じられる。
ただし、スポーティな演出が施されたセンターパネル部に、電話用のテンキーはじめ多数のスイッチが散在するのは、昨今のメルセデスベンツの悪しき慣習といえる。デザイナーは「誰もが使える操作系を目指した」というが、最新トヨタ車のナビゲーション用リモコンやアウディの「MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)」に較べると、旧態依然とした印象が拭えない。

ニューSLKで嬉しかったのは、オープン時の開放感がとても高いことだ。
オープン時、ルーフをトランクに格納するリトラクタブルの機構上、ルーフの長さは短くしたい。多くの場合、Aピラー&ウインドシールドの傾斜を強めてフロントスクリーン上端をリアに近づけ、ルーフ長を切りつめるのが普通である。しかしそれでは、Aピラーがもたらす圧迫感が増し、フロントスクリーン上端が頭上へ被さり、オープン時の開放感が損なわれてしまう。
しかし、新型SLKのウインドシールドの傾斜はさほどのものではない。サンバイザーもウインドウフレームからはみ出さない専用設計と、開放感をスポイルしないのがいい。

新型SLKが売りものにする「世界初!」のアイテム、「エアスカーフ」なるネック・レベルのヒーターも面白い。ヘッドレストに温風吹き出し口を内蔵する、オープンカー向きのアイディア商品だ。が、使い勝手に難アリ。ぼくの場合、温風吹き出し口の位置が少々高過ぎて、ともすれば“イヤースカーフ”になったのが惜しい。
オープン時に風の巻き込みを防止する「ウインドストッパー」は、相変らずメッシュの“ストッキング・タイプ”。樹脂やガラス製にすると、モニターの画像が反射し、さらにルームミラーにまで映り込むなど、問題があるのかもしれない。それにしても、見た目にもうすこしスマートな方法はないものだろうか……。

「SLK200コンプレッサー」に搭載する、1.8リッター直4DOHC16バルブエンジン。

「SLK350」の3.5リッターV6DOHC24バルブエンジン。



スポーツカーと呼ぶに相応しい

国際試乗会の場では、1.8リッター直4DOHC16バルブに、ルーツタイプのスーパーチャージャーを組み合わせたエンジンを積む「SLK200コンプレッサー」と、オールニューの3.5リッターV6DOHC24バルブを搭載した「SLK350」のスポーツパッケージ仕様を試した。
後者は、272psのV6に7段AT「7G-ギアトロニック」が組み合わされたこともあり、より力強い加速を全域で味わわせてくれる。従来通りの5段AT仕様となる200コンプレッサーでも、0-100km/h加速が8.3秒、最高速は226km/hだから、スポーツカーと呼ぶに相応しい実力が備わる。

フットワークテイストは、微舵操作に対する応答性が従来より確実に高まり、スポーティな身のこなしを狙ったチューンが施されたことを、実感した。ただし、“スポーツサス”に18インチシューズを組み合わせたSLK350のテスト車は、やや「やり過ぎ」。しなやかさがかなりの部分で失われ、速度が増しても、本来のSLKが備えると思われるフラット感が得られなかった。

今回の国際試乗会には、残念ながらテストカーは用意されなかったが、5.5リッターV8エンジンを搭載し、0-100km/hを4.9秒で駆け抜けるという「SLK55AMG」も、同時に発表された。“打倒ボクスター”“打倒Z4”の思いが実感できる新しいSLK。2004年内に、日本の道を走り出しそうである。

(文=河村康彦/写真=ダイムラークライスラー/2004年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る