【カーナビ/オーディオ】アゼストの2004モデル(低価格CD/MDレシーバー編)

2004.03.25 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】アゼストの2004モデル(低価格CD/MDレシーバー編)

カーオーディオの2004年モデルラインナップを紹介している『webCG』。今回は、エントリーモデルからハイエンド機種まで幅広い品揃えのクラリオン「アゼスト」ブランドのなかから、低価格CD/MDレシーバーをピックアップしてお届けする。

■MP3やWMAの圧縮フォーマット対応
「DXZ545MP」 2万4000円

お手頃価格のスタンダードCDレシーバー。MP3やWMAの圧縮フォーマットの再生に対応しているからディスク1枚で100曲以上のロングプレイも可能。プレイリスト再生やID3タグ/WMAタグ、Romeo&Julietのロングファイルネーム表示にも対応する。またCD-DAとMP3&WMAが混在するディスクの再生も可能だ。ZエンハンサープラスやマグナベースEX、ローパスフィルター、2ゾーン機能を搭載し、内蔵アンプは52W×4の最大出力。


「DB345」 1万6500円

■ローコストでCDが聴ける
「DB345」 1万6500円

アゼストCDレシーバーのエントリーパネル。この価格ながら、フロントフェイスの両サイドにはアルミパネルを採用、音量の調整がしやすいロータリーボリュームを装備するなど、上級モデルのデザインを受け継いでいる。機能はZエンハンサー、マグナベースのみといたってシンプル。CD-R/RWの再生は可能だが、圧縮オーディオの再生には対応していない。内蔵アンプは50W×4。ローコストでCDが聴けるようにしたいという人向け。


「MSZ745LP」 3万1500円

■長時間再生に対応
「MSZ745LP」 3万1500円

スレーブタイプのMDプレーヤー。長時間再生のMDLPモードやNetMDにも対応する。フロントフェイスの両サイドにアルミパネルを配置したデザインで、アゼスト1DIN CDレシーバーとのデザインマッチングも良好。左右独立のレベルメーターは5つの表示パターンに切り替えることができる。


「ADB345MP」 3万5000円

■カセットデッキ搭載
「ADB345MP」 3万5000円

いまでは数少なくなったカセットデッキ搭載のCD/カセット 2DINレシーバー。CD部はCD-R/RWに対応し圧縮オーディオのMP3再生も可能。4パターンの調整をプリセットしたグラフィックイコライザーや低音をブーストするマグナベースEXを搭載。ロータリーボリュームも使いやすい。内蔵アンプは50W×4の最大出力。

(リポート=石田 功)

アゼスト:
http://www.addzest.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。