BMWのニューモデル「1シリーズ」公表される

2004.03.24 自動車ニュース

BMWのニューモデル「1シリーズ」公表される

独BMWは、2004年3月23日、新型コンパクトカー「1シリーズ」の概要を発表した。間もなく価格を発表、9月のパリサロンでお披露目し、販売は秋頃を予定する。日本への導入などは明らかにされていない。

■コンパクトカーでも「駆けぬける歓び」

いわゆるプレミアム・コンパクト市場に投入される「1シリーズ」は、「3シリーズ」のセダンより24cm短い4.23mの全長をもつ5ドアハッチバック。330〜1150リッターのカーゴスペースによる実用性、FR(フロントエンジン、リアドライブ)がもたらす「駆けぬける歓び」、高い安全性能、高品質な装備品などをセリングポイントとする。生産は、ドイツのレーゲンスブルク工場で行われる。

スタイリングは、前を見ればお馴染み「キドニーグリル」を付けた“ビーエム(3シリーズ)顔”、Cピラーが円弧を描くリアビューはかつての「Mクーペ」「Z3クーペ」を思い出させる。FRレイアウトによる理想的な前後荷重配分(50:50)、高いボディ剛性、空気抵抗係数0.29のエアロダイナミクスがジマンだ。

パワーソースは、「EU4排出ガス基準」に適合した4気筒エンジンを当面4種類用意。「116i」(115ps、15.3kgm)と「120i」(150ps、20.4kgm)はガソリンエンジン、「118d」(122ps、28.6kgm)と「120d」(163ps、34.7kgm)は太いトルクを誇るディーゼルエンジンを搭載する。トランスミッションは6段マニュアル(116iでは5段)を中心に、オプションで6段オートマチックを設定する。

パフォーマンスは、0-100km/h加速7.9秒、最高速度220km/hを誇る(いずれも120d)。

エンジンはスタートボタンを押して始動。旗艦「7シリーズ」から採用した「iDrive」コンセプトの操作系をはじめ、キーレスエントリーシステム、「Bluetooth」のモバイルインターフェイス、バックレストの幅を調整できるスポーツシート、車両前後の障害物を警告音で知らせる「パーク・ディスタンス・コントロール」(いわゆるソナー)などを盛り込む。

セーフティ面では、「ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)」「ダイナミック・ブレーキ・コントロール(DBC)」「エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック」などを標準搭載。全席にエアバッグを装備するなどし、「ユーロNCAP衝突安全試験」で5つ星を獲得したとBMWは胸を張る。

同郷フォルクスワーゲングループの「ゴルフ」やアウディ「A3」らと覇を競うことになるだろう1シリーズ。BMWは、ターゲットを「すでに市販されている他のコンパクト・カーの実用的な側面を評価しつつも、駆けぬける歓びや個性に関する高い要求を満たしてくれるようなクルマを今まで見つけることができなかった方々」(プレスリリース)に据え、同市場でシェア拡大を目論む。

(webCG 有吉)

 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る