BMWのニューモデル「1シリーズ」公表される

2004.03.24 自動車ニュース

BMWのニューモデル「1シリーズ」公表される

独BMWは、2004年3月23日、新型コンパクトカー「1シリーズ」の概要を発表した。間もなく価格を発表、9月のパリサロンでお披露目し、販売は秋頃を予定する。日本への導入などは明らかにされていない。

■コンパクトカーでも「駆けぬける歓び」

いわゆるプレミアム・コンパクト市場に投入される「1シリーズ」は、「3シリーズ」のセダンより24cm短い4.23mの全長をもつ5ドアハッチバック。330〜1150リッターのカーゴスペースによる実用性、FR(フロントエンジン、リアドライブ)がもたらす「駆けぬける歓び」、高い安全性能、高品質な装備品などをセリングポイントとする。生産は、ドイツのレーゲンスブルク工場で行われる。

スタイリングは、前を見ればお馴染み「キドニーグリル」を付けた“ビーエム(3シリーズ)顔”、Cピラーが円弧を描くリアビューはかつての「Mクーペ」「Z3クーペ」を思い出させる。FRレイアウトによる理想的な前後荷重配分(50:50)、高いボディ剛性、空気抵抗係数0.29のエアロダイナミクスがジマンだ。

パワーソースは、「EU4排出ガス基準」に適合した4気筒エンジンを当面4種類用意。「116i」(115ps、15.3kgm)と「120i」(150ps、20.4kgm)はガソリンエンジン、「118d」(122ps、28.6kgm)と「120d」(163ps、34.7kgm)は太いトルクを誇るディーゼルエンジンを搭載する。トランスミッションは6段マニュアル(116iでは5段)を中心に、オプションで6段オートマチックを設定する。

パフォーマンスは、0-100km/h加速7.9秒、最高速度220km/hを誇る(いずれも120d)。

エンジンはスタートボタンを押して始動。旗艦「7シリーズ」から採用した「iDrive」コンセプトの操作系をはじめ、キーレスエントリーシステム、「Bluetooth」のモバイルインターフェイス、バックレストの幅を調整できるスポーツシート、車両前後の障害物を警告音で知らせる「パーク・ディスタンス・コントロール」(いわゆるソナー)などを盛り込む。

セーフティ面では、「ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)」「ダイナミック・ブレーキ・コントロール(DBC)」「エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック」などを標準搭載。全席にエアバッグを装備するなどし、「ユーロNCAP衝突安全試験」で5つ星を獲得したとBMWは胸を張る。

同郷フォルクスワーゲングループの「ゴルフ」やアウディ「A3」らと覇を競うことになるだろう1シリーズ。BMWは、ターゲットを「すでに市販されている他のコンパクト・カーの実用的な側面を評価しつつも、駆けぬける歓びや個性に関する高い要求を満たしてくれるようなクルマを今まで見つけることができなかった方々」(プレスリリース)に据え、同市場でシェア拡大を目論む。

(webCG 有吉)

 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像


 
BMWのニューモデル「1シリーズ」公表されるの画像
関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る