ホンダの天然ガス車「シビックGX」、外観一新

2004.03.22 自動車ニュース
 

ホンダの天然ガス車「シビックGX」、外観一新

本田技研工業は、圧縮天然ガスを燃料としたセダン「シビックGX」の外観を一新するなどし、2004年3月18日に発売した。



 

「シビックGX」は、米オハイオ州のホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリングで生産される逆輸入モデル。排出ガス中の有害物質がすくないとされる圧縮天然ガスを燃料としている。

今回、フロント/リアのバンパー、フロントグリル、ヘッドランプを変更、精悍さアップを図るとともに、サイドターンランプの色をクリアにした。

また安全面では、燃料タンクの耐衝撃性を高めた。内側のライナー部に、新たにアルミ合金を採用。周囲のシェル部は強度の高いカーボンファイバーとグラスファイバーで補強した。

価格は改良前と変わらず、消費税込みで215万2500円。
国内での年間販売目標は、120台という。

(社)日本ガス協会によると、2003年12月末現在での国内の天然ガス自動車は、1万9406台。天然ガスのガススタンド(急速充てん所)は237か所という。

(webCG カワデ)

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る