ホンダ「フィット・アリア」をマイナーチェンジ

2004.03.22 自動車ニュース
 

ホンダ「フィット・アリア」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、タイで生産する4ドアコンパクトセダン「フィット・アリア」に、国土交通省の排出ガス基準に適合させるなどのマイナーチェンジを施し、2004年3月18日に発売した。


【写真上】1.5Wオプション装着車
【写真下】1.3A
 

「フィット・アリア」は、タイのアユタヤ県にあるホンダの現地法人、ホンダ・オートモービル・タイランド(HATC)で生産され、日本へ輸入される4ドアセダン。アジア市場向けには「シティ」として販売されているものを、日本用に装備充実させたモデルだ。

今回のマイナーチェンジでは、1.5リッターエンジン搭載モデルの「1.5W」に盗難防止のためのイモビライザーを、1.3リッター「1.3A」にはボディ同色の電動格納式リモコンドアミラーを、それぞれ新たに標準装備した。
加えて、ボディカラーに、「ブリリアントホワイトパール」(消費税込み3万1500円増し)と「ロイヤルルビーレッドパール」を追加設定。
さらに、国土交通省の「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得し、平成22年度燃費基準も5%以上上まわるという燃費性能を実現した。ちなみに、「1.3A」のFF車の10・15モードカタログ燃費は20.5km/リッター、「1.5W」のFF車も20.0km/リッターである。

このほか、「1.5W」のメーカーオプションに、ディスチャージヘッドランプと15インチアルミホイールを組み合わせた「Dパッケージ」(消費税込み10.5万円高)を新設定した。

価格は、「1.5W」を若干安くする一方、「1.3A」をわずかに値上げ。総額表示義務づけの影響もあり、いずれも100円単位の端数が出ないよう調整している。新価格は以下の通り(消費税込み、カッコ内は変更前との比較)。

1.5W(FF):142.8万円(−3万9900円)
(4WD):163.8万円(−3万4650円)
1.3A(FF):128.1万円(+2万3100円)
(4WD):149.1万円(+2万8350円)

なお、「フィット・アリア」のマイナーチェンジにより、ホンダ車は全車種が「平成17年排出ガス規制」に適合したという。

(webCG カワデ)

本田技研工業「フィット・アリア」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit-aria/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.1.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
    ……363万6000円/412万2000円

    ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。
  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【試乗記】 2003.7.19 試乗記 ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)
    ……402.0万円

    見かけはオートドクスなセダンながら、「自動運転(ほか)」に向けての先進技術を満載したホンダの新しい「インスパイア」。横浜で開催されたプレス試乗会に、『webCG』記者が参加した。


  • ホンダ・インスパイア30TL(5AT)【試乗記】 2003.8.14 試乗記 ホンダ・インスパイア30TL(5AT)
    ……324.0万円

    プリセーフティーをはじめ、ハイテク満載で登場したホンダのフラッグシップ「インスパイア」。片バンク休止機能を搭載する、新しいV6に感心した『webCG』エグゼクティブディレクターだが……。


  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.16 試乗記 ……382.0万円
    総合評価……★★★

    走行状況に合わせてV型6気筒の片バンクを停止し、省燃費を実現したホンダのサルーン「インスパイア」。ドライバー補助システム「HiDS」、プリクラッシュセーフティなど、数々のハイテクを搭載するトップグレード「アバンツァーレ」を、自動車ジャーナリストの生方聡がテストした。


  • ホンダ・インスパイア 35TL 2007.12.20 画像・写真 2007年12月19日にデビューしたセダン、5代目「ホンダ・インスパイア」の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る