第104回:「コージのジュネーブショー通信」その2 アウディ和田師匠の金言(前編)

2004.03.22 小沢コージの勢いまかせ!

第104回:「コージのジュネーブショー通信」その2 アウディ和田師匠の金言(前編)

向かって右が、デザイナーの和田智さん。アウディデザインのシニアデザイナーとして、「アバンティッシモ」や「パイクスピーク クワトロ」など、新しいデザインの提案を行う。新型A6は、和田氏が手がけた初の量産車。
向かって右が、デザイナーの和田智さん。アウディデザインのシニアデザイナーとして、「アバンティッシモ」や「パイクスピーク クワトロ」など、新しいデザインの提案を行う。新型A6は、和田氏が手がけた初の量産車。
2004年のジュネーブショーで新型が発表された、アウディのミドルサルーン「A6」
2004年のジュネーブショーで新型が発表された、アウディのミドルサルーン「A6」

■デザイナー業界のナカタ

コンセプトカーやニューモデルとか、いろいろ面白かったジュネーブショーだけど、心に残ったのがコレ。俺が一方的に敬愛するアウディの和田智シニアデザイナーとのトークです。

和田さんについては、知ってる人も多いかもしれないけど、数年前からアウディに在籍する日産出身のデザイナー。SUVコンセプトモデルの「パイクスピーククワトロ」とか「アバンティッシモ」とか、超ステキな話題作の線を引いた人物で、一部では「デザイナー業界の中田!」とも呼ばれている。今回のジュネーブでは遂に、アウディは和田さんデザインによる初の量産車作品、新型「A6」を出品したわけ。ま、ヨーロッパの雑誌なんかでは、和田さんの上司にあたる人が表に出てるけどね。
マジなハナシ、これは凄いことよ。新A6はそんじょそこらのニューモデルではない。特徴的なフロントマスクを見ればわかるように、「今後のアウディデザインはこうなる!」ぐらいの提案が込められたモデルなのだ。ただでさえ、アウディは現在のカーデザインを一部ひっぱっているメーカーだというのに。

その超重要モデルを、いくら優秀とはいえ、ニッポン出身のデザイナーが担当したなんて、お世辞抜きで「デザイナー界の中田」だと思う。和田さん以前にも、オペルの児玉英雄さんとか、ピニンファリーナの奥山清行さん、ザガートの原田則彦さんなど、凄い人はいるけどね。
ただ、和田さんは年齢的に俺のちょっと上、兄貴ぐらいの雰囲気だし、なにより人柄がイイのよ。俺みたいなデザインオンチのパープリンにも、優しくわかりやすく、デザイン学の手ほどきをしてくれる。ハッキリいって俺は大ファンです。とにかく下読んで!

アウディのコンセプトカー3車種。左から、「パイクスピーク クワトロ」「ヌボラーリ クワトロ」「ルマン クワトロ」
アウディのコンセプトカー3車種。左から、「パイクスピーク クワトロ」「ヌボラーリ クワトロ」「ルマン クワトロ」
ニューA6のリアビュー
ニューA6のリアビュー

第104回:「コージのジュネーブショー通信」その2 アウディ和田師匠の金言(前編)の画像

■心の奥底が美しい

小沢:お久しぶりです。
和田:2003年だっけ? 小沢くんと雑誌の取材で会ったのは。
小沢:そうです。取材の後、飲んで寝ててスイマセン。
和田:もうわかったよ、君の芸風は(笑)
小沢:ところで、新しいA6は、和田さんの初の量産車だそうで。おめでとうございます。カッコいいですね。デザインオンチの俺が言ってもイマイチ説得力ないですけど。写真ではちょっとエグいか? と思ったけど、実物は素直にカッコいい。
和田:ありがとう、うれしいよ。
小沢:ところで、先日どっかで聞いたんですけど、大型化した“ダブルグリル”に代表されるアウディの新しいデザインテイストって、「キレイだけど印象が残らない美人」ではなく、「ブスだけど美人」を狙ったって説があるんですが。たとえば、ジュリア・ロバーツって口がデカいでしょ?(このヘンで和田さん怪訝そうな顔)……って「ブス」なんて言ったら怒ります?
和田:怒る(笑) アレはブスじゃない。
小沢:スイマセン。
和田:ではお教えしましょう。ニューA6のデザインは、ドイツ語で言うと「wahre Schönheit」。日本語に訳すと「心の奥底が美しいもの」なんです。かみ砕くと、美しいモノはハデではない、装飾じゃない、ってこと。これは元々、ドイツのバウハウスから来た思想です。A6のボディラインはシンプルでしょう。プロポーションが優れている場合もあるけど、とにかく、求めるものは本当にシンプル。数少ない要素を磨きに磨きこんだデザインが、新しいA6。無意味な線や加飾は一切ない。
(後編に続く)

(文=小沢コージ/2004年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!