【スペック】全長×全幅×全高=4390×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)/車両本体価格=299.0万円(テスト車=310.0万円)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン GLi(6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン GLi(6AT) 2004.03.19 試乗記 総合評価……★★★……310.0万円フォルクスワーゲンが送り込んだニューモデル「ゴルフトゥーラン」は、「ゴルフV」ベースのコンパクトミニバン。自動車ジャーナリストの河村康彦は、VWらしいドイツ風味を強く感じた。
自動車ジャーナリストの河村康彦氏。

ドイツ風味がプンプン

全長4.4m弱の比較的短いボディに、3列7座のシートを詰め込んだ、日本でいう“ミニ・ミニバン”カテゴリーを狙ったのがトゥーラン。もっとも「ゴルフトゥーラン」なるネーミングは、日本市場だけのもの。本国ドイツをはじめヨーロッパの各市場では、単に「トゥーラン」と呼ばれる。
輸入元であるフォルクスワーゲングループジャパンが、このクルマに“ゴルフ”のサブネームをつけた理由は、やはり、ゴルフのブランドが圧倒的な知名度を備えるからだろう。となれば、販売台数がすくなく、認知度が決して高くない「ボーラ」も、今後「ゴルフボーラ」に変わる可能性が否定できない……。

冒頭で「全長は比較的短い」と紹介したが、全幅は1795mmとワイド。VWにいわせれば「これが国際基準のディメンション」なのだろうが、狭い路地での取りまわしや駐車の難易度は、日本製ライバルのそれを下まわるかもしれない。
日本仕様が搭載するパワーパックは、1.6リッターもしくは2リッターの直列4気筒DOCH16バルブに6段ATの組み合せ。エンジンは直噴ヘッドを採用したリーンバーンで、高燃費と高出力の両立を謳う。トランスミッションは日本のアイシンAW製で、多段ギアのティプトロニック……と、最新テクノロジーを惜しげもなく投入した。多くの日本車が、直噴エンジンはおろか5段ATの採用すら躊躇するなか、VWのファミリーカーが最新の日本の技術を用いて、ひと足先へ去って行ったことは、日本人としてちょっと考えさせられることがらでもある。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2003年のジュネーブモーターショーでデビューした「トゥーラン」は、「ゴルフV」のプラットフォームをベースにつくられたコンパクトミニバン。本国では単にトゥーランと呼ばれるが、日本ではブランド戦略上からか、馴染みのある「ゴルフ」の名をつけ、「ゴルフトゥーラン」として販売される。
日本に導入されるのは、1.6リッターと2リッターの直噴ガソリンエンジンを積む2グレード。それぞれ「E」と「GLi」と呼ばれる。トランスミッションは、いずれにもアイシン製の横置きティプトロニック6段ATが組み合わされ、前輪を駆動する。シートレイアウトは、本国ではオプションの3列7人乗りのみだ。
ハードウェアのポイントは、すべてを合わせると70mにおよぶレーザー溶接、高張力鋼板を使用して剛性と安全性を高めたボディ、高出力と高燃費を両立したという直噴「FSI」エンジンと、アイシン製6段ATなど。ミニバンのウリであるシートレイアウトは、3席を独立して取り外せるセカンドシートにより、多彩なシートアレンジを実現。3列目はレバー操作で、床面とフラットに格納できる。
(グレード概要)
日本に導入されるトゥーランは、1.6リッターと2リッターの直噴「FSI」ユニットを積む2車種。本国でラインナップするディーゼル仕様(1.9と2.0)は導入されない。
グレード間に装備品の差異はほとんどなく、2リッターはフォグランプ、クロームルーフレール、アルミホイール(1.6はスチールホイール+キャップ)が標準。インテリアは、2リッターにサイドサポートのついたスポーツシート、フルオートエアコン(1.6はセミオート)や本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、アルミパネル装飾が備わる。
全6個のエアバッグ、アクティブヘッドレスト、7席ぶんの3点式シートベルトなど、安全装備は全車共通。ESP、EBD付きABS、ブレーキアシストなど、電子デバイスも、グレードにかかわらず標準装備される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)…★★★★
ダッシュボードのデザインはいかにもVW車らしい、シンプルでちょっとビジネスライクなテイストが特徴だ。ランプや空調スイッチ類のロジックもVW流だから、このクルマを操るのに難しい説明書は必要ない。大径スピード&タコメーターはすこぶる見やすいが、間に挟まる「マルチファンクション・インジケーター」は面積が小さい。そのわりに、時間や燃費、ODOメーターや速度など、表示内容を盛り込み過ぎで、やや煩雑な印象だ。アップライトな運転姿勢が前提なのか、取り付け角度がかなり「上空を向いている」のも、ちょっとした違和感があった。
といっても、ダッシュボードまわりの雰囲気は、ゴルフのサブネームを抵抗なく受け入れることができる。まもなく日本にやってくる、次期「ゴルフV」のそれよりも、むしろ「ゴルフらしく感じられるデザイン」といえるかもしれない。
(前席)……★★★
2リッターを積むトゥーランGLiの前席は、スポーツシートが標準装備される。スポーツとはいっても、もちろん極端なバケットデザインであるワケではない。乗降性も1.6リッター「E」の標準シートに較べて遜色ない。着座感はいかにもVW車らしく、面圧が高くてちょっと硬めだ。
シーケンシャルモード付きのATレバーが床から生えるため、前席左右間の素早い移動は、事実上不可能。日本のライバル車のように、コラム or インパネシフトの採用に踏み切れないのは、ヨーロッパにおいて、このクラスのクルマがまだMT主流であるがゆえのことだろう。
ちなみに、トゥーランのAピラーは、モノスペースカーとしては立ち気味に配置される。そのため、コーナリング時の死角が比較的気にならないのが美点だ。フロントフードとAピラーを直線的にデザインした、最近のミニバンの多くは、運転視界に入る死角が危険ですらある。
(2列目)……★★★
フロントシートより45mm高い、676mmのヒップポイントを与えられた2列目シートは、3席独立して取り外し&スライドが可能。センターは左右席よりやや小ぶりで、すなわち大人が長時間3人がけを続けるのは少々辛い。2人用とわりきって、中央のバックレストを前倒しすれば、テーブルとして使える。フロントのシートバック裏側に観光バス風のテーブルを備えるのは目新しいが、つくりは華奢で、パソコンテーブルとして用いるにはちょっと勇気が必要かもしれない……。
センター席も含め、すべてのポジションに3点式シートベルトとヘッドレストが標準で装備される。左右席には、チャイルドシート固定用のISO-FIXアンカーを内蔵。安全装備の充実はさすがだ。
(3列目席)……★
サードシートは、左右分割で床下に格納できる。シートバックの前倒しに連動して、クッションが下降しながら前進するという、「スズキ・ワゴンR」が先鞭をつけた収納方式だ。
資料には「大人でも十分くつろげる本格的なシート」とあるが、実感として、納得しがたい。シートサイズは小ぶりだし、フロアとシートクッション間のヒール段差が狭くてつま先が入らず、“体育座り”を強要される。実はこのサードシート、ヨーロッパ仕様の場合はオプション設定だ。日本仕様は“ミニバン”のタイトルを名乗りたいがために、あえて標準装備としたのである。
(荷室)……★
「人が乗れば荷物が載らない。荷物を積めば人が乗れない」
……これが、あらゆるコンパクト・ミニバンの泣き所だ。人数分の荷物がきちんと積めないとオハナシにならないヨーロッパでは、だからこそ、サードシートがオプション扱いになるわけだ。
スペアタイヤを省略(リペアキットを搭載)するなど、できるだけスペースを稼ぎ出そうと頑張るトゥーラン。だが、サードシート使用時は、やはり「ほとんど荷物は積めない」。一方、サードシートを収納し、さらにセカンドシートを取り外せば、ワンボックス・バン顔負けの広大な荷室空間が出現する。この状態なら、★5つを差し上げるのだが……。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
GLiグレードに搭載されるのは、最高出力150psの直噴エンジン+6段AT。実はこのコンビネーション、すでに日本導入済みの「アウディA3」と同じである。1〜6速のギア比も同じだが、ファイナルが下げられた(4.103から4.315)トゥーランの方が好印象だ。リーンバーンを行う直噴エンジンにありがちな、浅いアクセル開度時のトルクの細さなど、まったく気にならない。それどころか、多段ギアの威力もあって、予想したよりずっとパワフルで強力な加速感が味わえる。
アイシンAW製のATは、マニュアルトランスミッション風味を醸し出す、メリハリの効いたシフトプログラムの持ち主ながら、加減速はスムーズに行う。ちなみに、トゥーランのキャラクターを考えれば、個人的には「1.6リッターでも加速力は十分」という印象を受けた。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
トゥーランの試乗会は、千葉県は幕張の埋め立て地域をベースに「ひと枠40分」と短いものだった。アメリカの都市のような、大きな四角に区画整理された地域と、混雑した高速道路を流れにまかせてチョイ乗りしただけ。そんな制約のなかでも、VW車らしい硬質な走り味が感じられた。低速域では、路面の凹凸を正直に拾うが、速度が増すほどに高まるフラット感は、多くの人に「さすがはドイツ車」という印象を与えるだろう。
ただし、背の高さと垂直に近いボディサイドの断面形状ゆえ、横風には強いとはいえない。ここが、ゴルフやポロなど“普通のVW”とは大きく異なる部分だ。日本ではさほど問題になるまいが、「150km/h巡航が日常」の人々にとって、これは看過できないポイントのはず。ヨーロッパでは、まだまだミニバンは少数派だが、横風問題にも原因があるはずだ。
いずれにしても、見た目は地味だが、走りはドイツ風味なのが、トゥーランの特徴である。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2004年2月20日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前) 185/55R1205/55R16(後)同じ(いずれもミシュラン ENERGY)
オプション装備:チルト機構付電動ガラス スライディングルーフ(11.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(5)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る