マツダ「ロードスター」、生産累計70万台を達成!

2004.03.18 自動車ニュース

マツダ「ロードスター」、生産累計70万台を達成!

マツダは、オープン2シーターのライトウェイトスポーツカー「ロードスター」の生産累計が、2004年3月5日時点で70万台に達したと発表した。デビュー15周年を迎えたメモリアルイヤーでの達成。ロードスターは同カテゴリーの車種として生産台数記録を更新中で、同社は達成を記念して、再び「ギネス」への認定申請を行うという。

■再び「ギネス」へ申請

「人馬一体」をキーワードに開発された「ロードスター」は、1989年2月、「ユーノス・ロードスター」として米シカゴオートショーで初見参した。同年4月に生産を開始、同年5月にアメリカで、同年9月に日本で、それぞれ販売が始まった。

初代の「ユーノス」は、およそ8年間で約43万台が生産され、世界的な2人乗り小型スポーツカー・ブームを巻き起こした後、1998年1月に現行の2代目モデルへと移行。名称も「マツダ・ロードスター」(輸出名:MX-5、MX-5ミアータ)と改まった。
その後も、2001年12月にモータースポーツ入門モデル「ロードスターNR-A」を、2003年10月にはクーペモデルをそれぞれ追加発売するほか、各種の特別仕様車や限定車を出してきた。

1999年10月に達成した53万1890台の生産累計は、翌年5月に「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードに認定された。今回、同社は70万台到達を記念して、再びギネスへ申請するという。
(webCG カワデ)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/

 
マツダ「ロードスター」、生産累計70万台を達成!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る