【カーナビ/オーディオ】イクリプスからHDDナビ「AVN9903HD」のブラックバージョン登場

2004.03.18 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】イクリプスからHDDナビ「AVN9903HD」のブラックバージョン登場

富士通テンは、オーディオ(A)、ビジュアル(V)、ナビゲーション(N)を2DINサイズのボディに凝縮した「AVN機」のフラッグシップモデル、イクリプス「AVN9903HD Bk」の販売を、2004年3月1日からスタートした。これは昨年10月に発売した「AVN9903HD」のブラックバージョン。価格はシルバーと変わらず、35.5万円。

■市販モデルはちょっと派手……という方に

モニターを開けばフロント全面にタッチパネル式の7型ワイドVGA画面が展開するナビフェイス、モニターを閉じればDVD/CDプレーヤーとメモリースティックスロットを装備したオーディオフェイスという2つの顔を持つデュアルフェイスのデザインに変わりはないが、ボディカラーをブラックとしたことで、精悍さを打ち出している。これで、インパネの色調に合わせて、あるいはインパネのなかで目立たせたいか落ち着かせたいか、選択の幅が広がったことになる。「市販カーナビは派手でどうも……」と感じていた人も、これならとっつきやすいに違いない。


モニターを開くと、タッチパネル式の7型ワイドVGA画面があらわれる。

また最近の国産車のオーディオスペースは、ダッシュボードの高い位置に用意されている場合が多いが、ダッシュボードがスラントしている場合に、従来の2DINワンボディAVNは画面が見づらくなってしまうケースもある。ところがAVN9903HDならインダッシュモニター同様、画面を起こして(画面上部を手前に倒して)見やすい角度に調整できるというメリットもある。

カーナビ部は20GBのHDDを採用した高性能ハードディスクナビで、IKONOS衛星画像とカーナビがリンクするサテライトショットを搭載。タッチパネルの採用で、操作は簡単&スピーディにできる。またナビ用HDDのほかにもう1基、20GBのHDDを搭載し、こちらには最大3000曲もの圧縮音声を録音可能。再生中のCDの曲を録音できるだけではなく、FMなどを聴いているときにバックグラウンドでCDを録音することもできるし、TVやFM、AMなどのアナログ音声も録音することもできる。

メモリースティックスロットはメモリースティックにATRAC3フォーマットで記録した音楽の再生ができるだけではなく、画像を読み込むことができる。5.1chサラウンドデコーダーを搭載しているので、ドルビーデジタル&dts対応のDVDビデオソフトを臨場感豊かに再生可能。またタイムアライメントやDSP&イコライザーといった音場&音質補正機能も内蔵するなど、車内でいい音を楽しむための機能も充実。内蔵アンプは50W×4とハイパワーだ。

(リポート=石田 功)

イクリプス:
http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。