日産、「スカイライン」の10日間試乗モニターを募集

2004.03.15 自動車ニュース

日産、「スカイライン」の10日間試乗モニターを募集

日産自動車は、プレミアムスポーツを謳う「スカイライン」に10日間試乗できる「Drive to Live」キャンペーンの第2弾をスタートさせた。応募期間は、2004年4月23日まで(コースによっては3月22日まで)。

このキャンペーンは、抽選に当選すると、2004年4月2日〜同年5月30日の期間中の10日間、「スカイラインクーペGT350プレミアム」にモニター試乗できるというもの。当選者はさらに、モニター期間中の週末の1日、設定されたドライブコースでの試乗会に参加できる。
募集人数は、全国12ヶ所に設定されたドライブコースそれぞれに1組2名、合計12組24名。当選者には、ファッション専門店「ESTNATION」のサポートによる、オリジナルジャケットがプレゼントされる。

応募方法は、日産のスカイライン専用ウェブサイト「FEEL THE SKYLINE」にアクセス。「10DAYS試乗モニター第2弾募集中!」のバナーから応募ページに入り、希望の試乗ドライブコースを1つ選択、必要事項などを記入する。モニター試乗の期間や応募締め切り日は、12のドライブコースごとに決められているのでご注意を。

(webCG カワデ)

日産「FEEL THE SKYLINE」:
http://skyline.nissan.co.jp/

 
日産、「スカイライン」の10日間試乗モニターを募集の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る