波乱のWRCメキシコを、フォードが1-2で制す!【WRC 04】

2004.03.15 自動車ニュース

【WRC 04】波乱のWRCメキシコを、フォードが1-2で制す!

世界ラリー選手権(WRC)第3戦ラリー・メキシコが、2004年3月12〜14日、WRC初開催の地メキシコで行われた。強豪マシンが続々と脱落するなか、フォード「フォーカスRS WRC」駆るマルコ・マルティンが今シーズン初優勝。チームメイトのフランソワ・デュヴァルとともにフォードは1-2フィニッシュを達成した。フォード勢にとっては2000年キプロス以来の1-2だ。

これにより、マルティンはドライバーズランキングで1位と同点に、フォードはマニュファクチャラーズランキングで首位に返り咲いた。フォードのワークスチーム「M-Sport」は記念すべき参戦100戦目に最高の結果を残した。

■強豪、続々と後退

舞台はメキシコ中央部、標高2000m以上、最高で2700mの高地に設定された。
初日、2004年型のスバル「インプレッサWRC」をデビューさせたディフェンディングチャンピオン、ペター・ソルベルグが序盤からリードしたが、終盤にきてバッテリーにトラブルが発生。サービスエリアに入る手前で動かなくなったインプレッサを、居合わせた見物人が押したということでレギュレーション違反をとられ、5分のペナルティを受けてしまった。結果、チャンピオンは13位まで転落。首位は2戦2勝中、シトロエンのセバスチャン・ロウブの手に渡った。

2日目、2位につけていたマーカス・グロンホルムのプジョー「307WRC」に、前戦同様パワーステアリングトラブルが起き、アシストのないままドライブを続けたグロンホルムは7位まで後退した。

そして、1位ロウブにも魔の手が。激しい着地でシトロエン「クサラ」はオイルが漏れ出し、後続を30秒もリードしながら、今シーズン初のリタイアをきっした。

ここで、マルティンがリーダーとなった。シトロエンのベテラン、カルロス・サインツが追いかけたものの、高速でスピンしてタイムロス。マルティンが14.4秒差で1位、サインツ2位、そしてデュヴァルが3位で2日目が終わった。またソルベルグが怒涛の追い上げをみせ、5位まで挽回。グロンホルムは6位にあがっていた。

最終日、サインツが猛チャージをかけ、マルティンとの差を11秒まで縮めたが、この日3つ目のSSでクサラをロールさせ1分以上を浪費。これでデュヴァルが2位にあがり、フォードは1-2体制のままラリーを締めくくった。
3位はサインツ、4位ソルベルグ、5位にはもう1台のインプレッサ、ミッコ・ヒルヴォネンが入った。
54台出走で完走は26台、初のメキシコはタフなラリーだった。

16戦中3戦を終え、マルティンがロウブと同点の20点でジョイントリーダーに。マニュファクチャラーズランキングでは、シトロエンの10点上、40点のフォードが首位にたった。

次戦は4月16〜18日に開催されるラリー・ニュージーランドだ。

■PCWRC、新井は2位フィニッシュ

今回併催されたプロダクションカー世界選手権(PCWRC)第2戦は、三菱「ランサーエボVII」のダニエル・ソラが優勝。スバル「インプレッサWRX STi」の新井敏弘が2位でゴールした。

初日のSS1でトップタイムを計測した新井だったが、続くSS2でバンプを前にハードブレーキングしタイムをロス。この日はソラの27秒後ろ、2位で終えた。
翌2日目、新井はパンクに見舞われるなどしたものの何とか2位はキープ。一方1位ソラは3分26秒ものクッションを築いてしまった。
最終日、ソラを追いたい新井だが、3位ナイオール・マクシェアのインプレッサのアタックにもあい、結局、2位のままラリーを終えた。

16台中半数が生き残った今回のラリーを終え、新井は「この大変なラリー・メキシコを走り終えて、ホッとしています。ドライバーにとっては、WRCイベントの中でもっともハードだと思います」とコメント。「来月のニュージーランドは、昨年同様、優勝を狙っていくしかないですね」と、次戦で挽回することを誓った。

(webCG 有吉)

波乱のWRCメキシコを、フォードが1-2で制す!【WRC 04】の画像

ライバルが続々と後退するなか、マルティンは2日目以降首位を守りきった。(写真=フォード)

ライバルが続々と後退するなか、マルティンは2日目以降首位を守りきった。(写真=フォード)

スバル「インプレッサWRX STi」の新井敏弘は、2位でフィニッシュ。次のニュージーランドでは、もうひとつ上のポジションを狙う、と誓った。(写真=スバルテクニカインターナショナル)

スバル「インプレッサWRX STi」の新井敏弘は、2位でフィニッシュ。次のニュージーランドでは、もうひとつ上のポジションを狙う、と誓った。(写真=スバルテクニカインターナショナル)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。