スバル「レガシィ」用のフロントアンダースポイラー発売

2004.03.12 自動車ニュース

スバル「レガシィ」用のフロントアンダースポイラー発売

富士重工業のモータースポーツ系モデルを手がけるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2004年3月5日、スバル「レガシィ」に装着するフロントアンダースポイラーを発売した。

新発売の「フロントアンダースポイラー」は、フロントバンパーの下に装着するエアスポイラー。レガシィのセダン「B4」と「ツーリングワゴン」のうち、「2.0GT(spec.Bを除く)」「2.0R」「2.0i」グレードが対象となる。
同社によると、B4を使った風洞実験では、別売の「STIトランクスポイラーセット」を同時装着した場合、車両に上向きに働く空気力の大きさを示す揚力係数が、前輪(CLf)で約80%、後輪(CLr)は約40%向上し、ダウンフォースを得る空力効果を実現したという。

カラーは半ツヤブラックで、中央の上面にはSTIのエンブレムが付く。
ただし装着に際しては、フロントバンパーの6か所に取り付け用の穴を開ける必要があるほか、縁石や段差などに接触する可能性が増すので要注意を。

価格は3.9万円。スバルディーラーとSTIショップで販売する。

(webCG カワデ)

スバルテクニカインターナショナル:
http://www.subaru-sti.co.jp/

 
スバル「レガシィ」用のフロントアンダースポイラー発売の画像

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る