【カーナビ/オーディオ】「カロッツェリア」カーオーディオ、ゾクゾク登場(その1)

2004.03.12 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】「カロッツェリア」カーオーディオ、ゾクゾク登場(その1)

パイオニアは、「カロッツェリア」のカーオーディオ2004春モデルを発表、2004年2月から3月にかけて順次発売する。内訳は2DINサイズのMD/CDレシーバーが3機種、1DINサイズのCDレシーバーが5機種、MDレシーバーが2機種、パワードサブウーファーが1機種の計11機種だ。

昨年、インダッシュモニター内蔵のDVD/CDレシーバー「AVH-P9DVA」で実現した、車室内で理想の音楽空間を構築する「オート・インテグラル・サウンドシステム」という機能を、今回は2DIN機と1DIN・CDレシーバーの上位2モデルに採用したのが特徴。またWMAやMP3といった圧縮音声を記録したCD-R/RWの再生に対応したモデルのラインアップ拡充も図っている。製品数が多いため第1回は2DIN機である「FHシリーズ」を3モデル紹介する。

■FH-P099MD 11.0万円

オート・インテグラル・サウンドシステムを搭載した2DIN・MD/CDレシーバーの最上級モデル。オート・インテグラル・サウンドシステムとはオートタイムアライメント&オートイコライザーという2つのデジタル音場&音質補正機能を核に、車内に最適なサウンドチューニングを自動的に行なってくれるシステム。カーオーディオの場合、リスニングポイントから左右スピーカーまでの距離がバラバラだったり、シートや窓ガラスなどによる音の反射・吸収で音響特性が乱れるなど、最適な音楽再生を妨げる要因が多々あるわけだが、タイムアライメント機能により、近いスピーカーから音が出るタイミングを遅らせることで、あたかも左右スピーカーから等距離の理想的な位置で聴いているかのような音場を再現する。
また、イコライザーによって音響特性の乱れを補正して、理想に近い音楽再生を実現することができる。そうしたタイムアライメント、イコライザーなどはカロッツェリアの最上級オーディオ「Xシリーズ」に搭載している高度なデジタル機能だが、それを自動的かつ簡単に調整できるのが、このオート・インテグラル・サウンドシステムなのだ。
操作のしかたは簡単。運転席のヘッドレストにマイクをセットしボタンを押せば、約4分で336ステップに及ぶチューニングを行なってくれる。デジタル信号をアナログ信号に変換するD/Aコンバーターに、高性能で評価の高いバーブラウンΔΣ方式1bitDACを採用したり、ハイスピード・オペアンプ&ハイスピードクロック回路を搭載するなど、根本から音質にこだわっているのも見逃せない点。いい音にこだわる人向けの製品だ。3月下旬発売予定。

■FH-P077MD 6.5万円

オート・インテグラル・サウンドシステムを搭載しながらリーズナブルな価格に抑えた、コストパフォーマンスに優れたCD/MD一体2DINレシーバー。上半分をブラックアクリルのディスプレイ部、下半分をアルミヘアライン調のシンプルなパネルにしたデザインも斬新。これまでの2DIN機は子供っぽくてイヤという人にも受け入れられるだろう。D/Aコンバーターには上級機のFH-P099MDと同じバーブラウンΔΣ方式1bitDACを採用。デジタル補正により残響成分を違和感なく再現し、音に広がりと深みを加えるビットメトリックスや、デジタル信号が回路を通るときに発生する乱れを補正して原音に忠実な再生を行なうBBEデジタル、サブウーファーコントロール、フロント/リア独立ハイパスフィルター、f特補正型リアルタイムASLなどの高音質技術を満載している。

■FH-P055MD 4.2万円

気軽に音楽を楽しみたい人用のリーズナブルなCD/MD一体2DINレシーバー。全体的には昨年モデルのFH-P005MDのイメージを受けついでいるが、ロータリーボリュームがジョイスティックを兼ねたコマンダーに変更されるなど、使いやすさを高めている。ただしFH-P005MDで対応していたMP3の再生には非対応。このあたりでコストダウンを図っている。乗車位置(リスニングポイント)に合わせて最適なステレオイメージが得られるリスニングポジションセレクターや、SFC(サウンドフィールドコントロール)、9バンドデジタルイコライザー、フロント/リア独立ハイパスフィルターを搭載するなど、機能も充実している。

(リポート=石田 功)

カロッツェリア:
http://www.pioneer.co.jp/carrozzeria/

【カーナビ/オーディオ】「カロッツェリア」カーオーディオ、ゾクゾク登場(その1)の画像

「FH-P077MD」

「FH-P077MD」

「FH-P055MD」

「FH-P055MD」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。