「MINI」、内外装色とオプションを追加

2004.03.11 自動車ニュース

「MINI」、内外装色とオプションを追加

BMWジャパンは、プレミアムコンパクトを謳う「MINI」の3モデルについて、2004年3月生産の車両から、内外装色の選択肢を広げるとともに、スポーティなステアリングホイールなど2つのオプションを新設定した。

ボディ色では、これまで最上グレードの「COOPER S」の専用色だった「エレクトリックブルーメタリック」と、「ONE」「COOPER」用の「ペッパーホワイト」を、それぞれ全3モデルで選択できるようにした。

また、レザーシートとインテリアのカラーでは、従来「ONE」「COOPER」のみでオプション選択できた「コルドバベージュ」を、「COOPER S」にも設定した。

さらに、新たなオプション装備として、全モデルを対象に、「スポーツレザーステアリング」と、「パークディスタンスコントロール(PDC)」を追加設定。3本スポークのスポーツレザーステアリングホイールは、通常よりもグリップ径が広いもので、価格はベースモデルのプラス1.6万円(プラス4.4万円で選べるマルチファンクションステアリングとの併用も可能)。
PDCは、車両の後方にある障害物までの距離を信号音で知らせるシステムで、狭いスペースでの駐車や車庫入れの際に便利なオプション。価格はプラス4.5万円だ。

(webCG カワデ)

MINI:
http://www.mini.jp/

 
「MINI」、内外装色とオプションを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る