「MINI」、内外装色とオプションを追加

2004.03.11 自動車ニュース

「MINI」、内外装色とオプションを追加

BMWジャパンは、プレミアムコンパクトを謳う「MINI」の3モデルについて、2004年3月生産の車両から、内外装色の選択肢を広げるとともに、スポーティなステアリングホイールなど2つのオプションを新設定した。

ボディ色では、これまで最上グレードの「COOPER S」の専用色だった「エレクトリックブルーメタリック」と、「ONE」「COOPER」用の「ペッパーホワイト」を、それぞれ全3モデルで選択できるようにした。

また、レザーシートとインテリアのカラーでは、従来「ONE」「COOPER」のみでオプション選択できた「コルドバベージュ」を、「COOPER S」にも設定した。

さらに、新たなオプション装備として、全モデルを対象に、「スポーツレザーステアリング」と、「パークディスタンスコントロール(PDC)」を追加設定。3本スポークのスポーツレザーステアリングホイールは、通常よりもグリップ径が広いもので、価格はベースモデルのプラス1.6万円(プラス4.4万円で選べるマルチファンクションステアリングとの併用も可能)。
PDCは、車両の後方にある障害物までの距離を信号音で知らせるシステムで、狭いスペースでの駐車や車庫入れの際に便利なオプション。価格はプラス4.5万円だ。

(webCG カワデ)

MINI:
http://www.mini.jp/

 
「MINI」、内外装色とオプションを追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】 2014.8.28 試乗記 3代目となった新型「MINI」に、エントリーグレードの「ONE」が登場。試乗を通して実感した、「愛されキャラ」であり続けるための秘訣(ひけつ)とは?
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
ホームへ戻る