第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!

2004.03.09 小沢コージの勢いまかせ!

第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!

 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像

■あんなに激しくていいの?

いやー、驚きました、新型アウディA8。鹿児島県で開かれたプレス向け試乗会に行ってきたんだけど、あまりにスポーティかつダイレクトなクルマなんでビックリ。「こんなにでっかい高級車なのに、あんなに激しくていいんですか?」って感じ。前モデルもかなりのもんだったけど、ますますアグレッシヴになってます。たぶん。クルマづくりの方向性も、メルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズとは全然違っていて、特にベンツのオヤジ臭さとは一線を画すものがあります。

まずはエンジン。最高出力355psの4.2リッターV8で、旧型に比べてパワー25ps増し、トルク2.04kgm増えた43.8kgm。それはいいんだけど、なにより吹けが違う。「シュワーン」って感じで、まるで2リッター直4並みに軽く吹けるのだ。

メーターの中央には、MMI情報の一部が表示される。ナビゲーションシステム使用中は、進む方向が矢印で示される。
メーターの中央には、MMI情報の一部が表示される。ナビゲーションシステム使用中は、進む方向が矢印で示される。
写真で、シフトレバーの左側に見えるのが、MMIコントローラー。選択&決定のボタン付きダイヤルと、画面に連動したファンクションボタン、よく利用するメニューボタンなどから成る。
写真で、シフトレバーの左側に見えるのが、MMIコントローラー。選択&決定のボタン付きダイヤルと、画面に連動したファンクションボタン、よく利用するメニューボタンなどから成る。

乗り心地もいいことはイイけど、これまたベンツみたいな懐の深さや、BMWのようなしなやかさはなく、独特のダイレクトな質感。わかりにくいかもしれないけど、まさに「軽くて硬いアルミならではの手応え」なんだろうなぁ。乗っててキモチいい。

一方、スタイルはジミ目。特に、ジュネーブで発表された新型「A6」を見ちゃうと物足りない。アウディらしく、シンプルかつ強いラインでカッコはいいんだけどね。繰り返しになるけど、なにより走りが凄い。BMWも同様にスポーティ路線だけど、アウディはダイレクトさが違う。ある意味、同じアウディのなかでも、もっと小さなA6、A4よりスポーティかもしれない。

MMIの表示画面。
MMIの表示画面。
荷室は幅、奥行きとも広い。
荷室は幅、奥行きとも広い。
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像

■究極の盗難防止?

ようするに、これくらいやらなきゃ今のブランド競争では勝てない、ってことなんだろうなぁ。なかでも、これからベンツ、BMWと戦っていかなきゃいけないアウディはね。新型A6を見ればわかるように(後にジュネーブショーレポートで報告!)、デザインでもますます先鋭化していくと思われます。

追記すると、ハイテク装備もスゴいね。BMWの「iDrive」と、日産の新しいインターフェイス「センターコントロールスイッチ」を足して2で割ったような、大胆かつ使いやすい新操作系「MMI」(マルチメディアインターフェイス)もそうだし、独自の「バスシステム」が面白い。

バスシステムは、フライバイワイアの最新版みたいなもの。アクセルやブレーキのみならず、パーツ同士の情報交換もすべてコンピュータを介して行うため、パーツそれぞれに小コンピュータが付く。このことによって、接続ケーブルが細くてすむうえ、「2コイチ防止」になるってことが興味深い。つまり、パーツそれぞれをメインコンピューターに認証させなきゃ動かないから、正規代理店の工場でしか修理ができない。盗難パーツをつけたり、勝手に事故車の前半分と後半分を溶接して「2コイチ」をつくる、なんてことはできないのだ。ある意味、究極の盗難防止システム。それでも抜け道を見つけるハッカーみたいのは、出るとは思うけどさ。

つくづくクルマも大変な時代に入ったものです。

(文と写真=小沢コージ/2004年3月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8L 55 TFSIクワトロ/A8L 60 TFSIクワトロ【海外試乗記】 2017.11.7 試乗記 第4世代に進化したアウディのフラッグシップセダン「A8」。その内容は、量産車としては初となるレベル3の自動運転システムを導入するなど、まさにブランドスローガンの“技術による先進”を体現するものとなっている。スペイン・バレンシアで試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
ホームへ戻る