第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!

2004.03.09 エッセイ

第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!

 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像

■あんなに激しくていいの?

いやー、驚きました、新型アウディA8。鹿児島県で開かれたプレス向け試乗会に行ってきたんだけど、あまりにスポーティかつダイレクトなクルマなんでビックリ。「こんなにでっかい高級車なのに、あんなに激しくていいんですか?」って感じ。前モデルもかなりのもんだったけど、ますますアグレッシヴになってます。たぶん。クルマづくりの方向性も、メルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズとは全然違っていて、特にベンツのオヤジ臭さとは一線を画すものがあります。

まずはエンジン。最高出力355psの4.2リッターV8で、旧型に比べてパワー25ps増し、トルク2.04kgm増えた43.8kgm。それはいいんだけど、なにより吹けが違う。「シュワーン」って感じで、まるで2リッター直4並みに軽く吹けるのだ。

メーターの中央には、MMI情報の一部が表示される。ナビゲーションシステム使用中は、進む方向が矢印で示される。
メーターの中央には、MMI情報の一部が表示される。ナビゲーションシステム使用中は、進む方向が矢印で示される。
写真で、シフトレバーの左側に見えるのが、MMIコントローラー。選択&決定のボタン付きダイヤルと、画面に連動したファンクションボタン、よく利用するメニューボタンなどから成る。
写真で、シフトレバーの左側に見えるのが、MMIコントローラー。選択&決定のボタン付きダイヤルと、画面に連動したファンクションボタン、よく利用するメニューボタンなどから成る。

乗り心地もいいことはイイけど、これまたベンツみたいな懐の深さや、BMWのようなしなやかさはなく、独特のダイレクトな質感。わかりにくいかもしれないけど、まさに「軽くて硬いアルミならではの手応え」なんだろうなぁ。乗っててキモチいい。

一方、スタイルはジミ目。特に、ジュネーブで発表された新型「A6」を見ちゃうと物足りない。アウディらしく、シンプルかつ強いラインでカッコはいいんだけどね。繰り返しになるけど、なにより走りが凄い。BMWも同様にスポーティ路線だけど、アウディはダイレクトさが違う。ある意味、同じアウディのなかでも、もっと小さなA6、A4よりスポーティかもしれない。

MMIの表示画面。
MMIの表示画面。
荷室は幅、奥行きとも広い。
荷室は幅、奥行きとも広い。
 
第102回:一番高いヤツが一番スポーティ?新型「アウディA8」にアウディブランドの真髄を見た!の画像

■究極の盗難防止?

ようするに、これくらいやらなきゃ今のブランド競争では勝てない、ってことなんだろうなぁ。なかでも、これからベンツ、BMWと戦っていかなきゃいけないアウディはね。新型A6を見ればわかるように(後にジュネーブショーレポートで報告!)、デザインでもますます先鋭化していくと思われます。

追記すると、ハイテク装備もスゴいね。BMWの「iDrive」と、日産の新しいインターフェイス「センターコントロールスイッチ」を足して2で割ったような、大胆かつ使いやすい新操作系「MMI」(マルチメディアインターフェイス)もそうだし、独自の「バスシステム」が面白い。

バスシステムは、フライバイワイアの最新版みたいなもの。アクセルやブレーキのみならず、パーツ同士の情報交換もすべてコンピュータを介して行うため、パーツそれぞれに小コンピュータが付く。このことによって、接続ケーブルが細くてすむうえ、「2コイチ防止」になるってことが興味深い。つまり、パーツそれぞれをメインコンピューターに認証させなきゃ動かないから、正規代理店の工場でしか修理ができない。盗難パーツをつけたり、勝手に事故車の前半分と後半分を溶接して「2コイチ」をつくる、なんてことはできないのだ。ある意味、究極の盗難防止システム。それでも抜け道を見つけるハッカーみたいのは、出るとは思うけどさ。

つくづくクルマも大変な時代に入ったものです。

(文と写真=小沢コージ/2004年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る