F1オーストラリアGP、フェラーリ独走で1-2フィニッシュ!【F1 04】

2004.03.08 自動車ニュース

【F1 04】F1オーストラリアGP、フェラーリ独走で1-2フィニッシュ!

F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が、2004年3月7日、オーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキット(5.303km)を58周して行われた。ディフェンディングチャンピオン、ミハエル・シューマッハーが自身30回目のポール・トゥ・ウィンを達成。ルーベンス・バリケロが2位に入り、フェラーリは初戦を1-2フィニッシュで終えた。シューマッハーは最多勝利記録を「71」に伸ばした。

3位フェルナンド・アロンソ(ルノー)が入り表彰台の一角にのぼった。以下、ウィリアムズBMWのラルフ・シューマッハーが4位、ファン・パブロ・モントーヤ5位。6位ジェンソン・バトン(BARホンダ)、7位ヤルノ・トゥルーリ(ルノー)、8位デイヴィッド・クルタード(マクラーレン・メルセデス)が入賞した。佐藤琢磨(BARホンダ)は9位で完走した。
トヨタの2台は、クリスチアーノ・ダ・マッタ12位、オリヴィエ・パニス13位と上位に食い込めなかった。

■ズバ抜けて速い

今シーズンもいくつかのレギュレーションが変更されたが、最大の違いは、フリー走行から予選、決勝レースにかけて、1エンジンしか使用できなくなったことだろう。昨年までは土曜予選で走行する距離+レースディスタンス305km前後もてばよかったエンジンの寿命を、倍以上確保しなければならなくなったのだ。

さらに予選方式も変わり、土曜日のみに行われることになった。レギュレーション上は1セッションであるが、2パートに分かれており、最初は前戦結果順にコースインしての計時、2回目は1回目に遅かったドライバーから出走して決勝グリッドを決める。両パートの間隔は僅かに2分間だ。

昨年までは、すくなくとも金曜日の予選で、ガソリンを極限まで減らした“真のアタック”が見られた。しかし今年からは、エンジンは壊せないし、予選の2つのアタックは事実上決勝へ向けたセッティングで臨むため、マシンの“ここ一発の速さ”を目にすることができなくなったといっていい。

しかし、それでも週末を通し、他を引き離すズバ抜けた速さを披露したのがフェラーリの2台だった。シューマッハーのタイムは1分24秒408、2位バリケロが0.074秒差。3位モントーヤとシューマッハーとは0.5秒以上のギャップがあった。

バトンが4番グリッドを獲得。チームメイトの佐藤が7番手と、BARホンダは冬のテストでの好タイムがフロックでないことを証明した。

“3強”のなかで不発だったのがマクラーレン。キミ・ライコネンが10位、昨年、特に予選を不得意としていたクルタードはコースオフして12位に沈んだ。

新レギュレーションのもとの予選は、2時間弱の長きセッションとなった。

■「パーフェクトな結果」

前日の好天から一転し決勝日は曇り空。気温も18度と予想されていたより低く、これがミシュラン勢には不利に働いた。

フロントローの紅いマシンはロケットスタート。同じくらい好スタートを切ったのが5番グリッドのアロンソで、一気に3位までジャンプアップを果たした。昨年の“ベスト・ローンチコントロール搭載車”ルノーは、相変わらずスタートが得意のようだ。

打倒“跳ね馬”の急先鋒、モントーヤは、アロンソから3位のポジションを奪い返そうとしていた矢先の1コーナーでコースオフし、8位に後退。このレースを棒に振ってしまった。

逃げるフェラーリ2台、追うルノー1台。だが必死にすがるアロンソが首位争いに食い込むことは1度としてなかった。低い気温にミシュランのフロントタイヤがあわず、フェラーリ+ブリヂストンには歯が立たなかった。レースは、冬の間、ニューマシン「F2004」と新型ブリヂストンタイヤを熟成させたフェラーリの手に落ちた。

孤独な走行を続けたアロンソが3位。スタート後しばらく4位の座を守っていたバトンをピットインのタイミングで抜いたラルフ・シューマッハーが4位でフィニッシュ。バトンは結局コース上でモントーヤにもパスされ、結果6位に終わった。チームメイトに比べいまひとつ冴えなかったトゥルーリが7位だった。

マクラーレンにとっては、最悪の開幕戦となった。ライコネンは10周目にエンジン不調でリタイア第1号に。「1周目から速くなかった」とレース後に語ったクルタードは8位1点獲得がやっとだった。開幕前から囁かれていたエンジンのパワー、信頼性不足が露呈したかっこうとなった。

「基本的にはパーフェクトな結果だった」とは、7度目のタイトルを狙うシューマッハー。「ルーベンスがかなりキツくプッシュしてきて、タフな戦いだったよ」というコメントもにも、余裕すら感じられた。

だが、今回のようなレースが全18戦にわたり続く、という予想(危惧?)はまだ早すぎる。2週間後に行われるマレーシアでの第2戦は、ミシュランタイヤが得意とするGPであり、フェラーリ+BSがセパンでも圧勝するかは、まだ「?」であるのだ。

18戦の長いシーズンは、始まったばかりである。

■ドライバーズランキング(18戦中1戦終了)

1位 ミハエル・シューマッハー 10点
2位 ルーベンス・バリケロ 8点
3位 フェルナンド・アロンソ 6点
4位 ラルフ・シューマッハー 5点
5位 ファン・パブロ・モントーヤ 4点
6位 ジェンソン・バトン 3点
7位 ヤルノ・トゥルーリ 2点
8位 デイヴィッド・クルタード 1点

■コンストラクターズランキング

1位 フェラーリ 18点
2位 ウィリアムズBMW 9点
3位 ルノー 8点
4位 BARホンダ 3点
5位 マクラーレン・メルセデス 1点

(webCG 有吉)

F1オーストラリアGP、フェラーリ独走で1-2フィニッシュ!【F1 04】の画像

フェラーリ、パーフェクトウィンに喜ぶの図。左からミハエル・シューマッハー、チーム監督のジャン・トッド、そしてルーベンス・バリケロ。(写真=フェラーリ)

フェラーリ、パーフェクトウィンに喜ぶの図。左からミハエル・シューマッハー、チーム監督のジャン・トッド、そしてルーベンス・バリケロ。(写真=フェラーリ)

【変更された主なレギュレーション】
・1GPにつき1エンジンのみ使用可能。エンジン交換の際は10グリッド後退のペナルティを受ける。
・予選は土曜日に、2パートに分かれた1セッションのみ行う。最初の出走は前戦の決勝結果順。2回目のアタックは1回目でタイムの遅かった順に計時し、2回目のタイムで決勝グリッドを決める。
・ピットレーンのスピード制限を80km/hから100km/hに引き上げる。
・昨年のコンストラクターズランキングで5位以下のチーム(フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノー以外)は、金曜日のフリー走行で3台目のマシンを走らせることができる。
・フルオートマチックトランスミッション、ローンチコントロールは禁止(トラクションコントロールはOK)。
(写真=トヨタ自動車)

【変更された主なレギュレーション】・1GPにつき1エンジンのみ使用可能。エンジン交換の際は10グリッド後退のペナルティを受ける。・予選は土曜日に、2パートに分かれた1セッションのみ行う。最初の出走は前戦の決勝結果順。2回目のアタックは1回目でタイムの遅かった順に計時し、2回目のタイムで決勝グリッドを決める。・ピットレーンのスピード制限を80km/hから100km/hに引き上げる。・昨年のコンストラクターズランキングで5位以下のチーム(フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノー以外)は、金曜日のフリー走行で3台目のマシンを走らせることができる。・フルオートマチックトランスミッション、ローンチコントロールは禁止(トラクションコントロールはOK)。(写真=トヨタ自動車)

佐藤琢磨は、2年ぶりのオーストラリアで9位完走を果たした。レース後、「正直に言えば9位というのはちょっと不満ですが、2台揃って完走できたことは嬉しいですね。まぁ、全体としては幸先の良いスタートだと思います。マレーシアではもっと良い結果になるよう頑張ります」 というコメントを残した。(写真=本田技研工業)

佐藤琢磨は、2年ぶりのオーストラリアで9位完走を果たした。レース後、「正直に言えば9位というのはちょっと不満ですが、2台揃って完走できたことは嬉しいですね。まぁ、全体としては幸先の良いスタートだと思います。マレーシアではもっと良い結果になるよう頑張ります」 というコメントを残した。(写真=本田技研工業)

トヨタの開幕戦はやや期待はずれ。クリスチアーノ・ダ・マッタ(写真)は13番手グリッドから12位完走。そして予選2回目をスタートできずに18番手グリッドからレースを戦ったオリヴィエ・パニスは13位でチェッカードフラッグを受けた。新テクニカルディレクター、マイク・ガスコインの効果は、まだまだ先か?(写真=トヨタ自動車)

トヨタの開幕戦はやや期待はずれ。クリスチアーノ・ダ・マッタ(写真)は13番手グリッドから12位完走。そして予選2回目をスタートできずに18番手グリッドからレースを戦ったオリヴィエ・パニスは13位でチェッカードフラッグを受けた。新テクニカルディレクター、マイク・ガスコインの効果は、まだまだ先か?(写真=トヨタ自動車)

この20人のなかで、栄冠をつかむのは誰か?(写真=トヨタ自動車)

この20人のなかで、栄冠をつかむのは誰か?(写真=トヨタ自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。