「La Festa Mille Miglia 2004」開催決定

2004.03.08 自動車ニュース

「La Festa Mille Miglia 2004」開催決定

クラシックカーレース「La Festa Mille Miglia」(ラ フェスタ ミッレ ミリア)、2004年の開催概要が決定した。日程は10月3日から6日まで、7日に表彰式を行う。


写真は2003年の模様。最上は1924年型「ベントレー3リッター」、その下は1949年型の「オスカMT4」

「La Festa Mille Miglia」は、日本で唯一、国際クラシックカー連盟「FIVA」(FEDERATION INTERNATIONALE VEHICULES ANCIENS)から公認を受けた、というクラシックカーレース。ミッレミリアは、イタリア語で1000マイルを意味し、文字通り約1600kmを4日間で走破する。
2004年のスタート地点は、このイベントではお馴染み、東京・原宿の明治神宮。ゴールはこれまでの神奈川県・箱根ではなく、横浜・元町となった。

“レース”といっても、ミッレミリアはラップタイムや速度を競うのではない。オリエンテーションのような「スタンプポイント」の通過や、設定された時間通りに走ることで、ポイントを争う。出場できるのは、1920年から1967年までに製造された“オリジナルカー”のみ。年代によって5つのカテゴリーにわかれ、総合優勝とクラス優勝を決定する。


1956年型「マゼラーティ150S」。ドライバーは同イベントの常連、タレントの堺正章さん。

ミッレミリアは公道レースとして、1927年にイタリアで始まった。当初は、ワークスチーム同士が争う本格的なレースだったが、1957年、観客を巻き込む大事故が起きたことを受けて中止。1977年に、現行ルールで復活した。
日本の“ラ フェスタ”は、本家の70周年にあたる1997年に第1回を開催。2004年は8回目を迎える。

(webCGオオサワ)

「La Festa Mille Miglia」公式ホームページ:
http://www.lafestamm.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。