【スペック】S80 T-6“Dynamic”:全長×全幅×全高=4850×1835×1450mm/ホイールベース=2790mm/車重=1670kg/駆動方式=FF/2.9リッター直6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(272ps/5400rpm、38.7kgm/1800-5000rpm)/車両本体価格=698.0万円(テスト車=708.0万円)

ボルボ・スペシャルエディション試乗報告【試乗記(後編)】

ボルボ・スペシャルエディション試乗報告(後編) 2004.03.07 試乗記 積極的に特別仕様車をリリースするボルボ。大幅にスポーティになったS80と、濃色ガラスを採用したXC70に、『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。

文武両道S80 T-6“Dynamic”(5AT)……708.0万円

「Intelligent Luxury Saloon」を謳うボルボのトップモデルに、スポーツデバイスをもつサスペンションが与えられた50台限定モデル。いわば知的で安楽な体育会系サルーン!?
ブラックサファイア(またはシルバーメタリック)のボディペイントが精悍なT-6“Dynamic”のベースは、もちろん272psを発生する2.9リッター直6ターボ搭載の「T-6」(698.0万円)。わずか10万円アップで、ボルボ版“M”というべき「Rシリーズ」に採用されたアクティブパフォーマンスシャシー「FOUR-C」ほかが手に入る。

18インチのスペシャルホイール「Capella」を履いたアシまわりは、「ステアリングホイール」「加減速」「シャシーの高さ」といった情報をもとに、4輪のダンピングを個別にコントロールする。たとえば悪路ではソフトに、コーナーでは外側をハードにしてロールを抑え、また、制動時にはフロントを硬めてノーズダイブを緩和するというわけだ。セッティングは毎秒500回の頻度で見直され、命令を受けるダンパーは、10/1000秒以下で特性を変化させるという。

アルカンタラとソフトレザーのコンビネーションシートは、Rシリーズと同じスポーティなもの。座面、背もたれとも、サイドサポートがしっかり張り出す。エンジンをかけて走り始めれば、軽いステアリングがラクシャリー。
S60R/V70Rでは「コンフォート」「スポーツ」「アドバンストスポーツ」と3種類のダンピングが用意された「FOUR-C」だが、S80ではもっともハードな「アドバンストスポーツ」が省かれた。さもありなん。ボルボのビッグサルーンで、サーキットを走るヒトはいないでしょうから。また、スタート時のデフォルト設定が「コンフォート」なのも、クルマの性格を反映した結果だ。高速巡航では、立派な外観からの予想を裏切らない、フラットで、高級車らしい乗り心地を提供する。
一方、センターコンソール下部のボタンで「スポーツ」に設定すると、サスペンションのダンピングがグッと増して、車内の空気までもが締まった感じ、がするから不思議だ。十分な快適性を保ったまま、大きなRのコーナーを気持ちよくトバすことができる。ストレート6を横置きするノーズが少々重いけど、そのおかげで(?)アゴを出す度合いがわかりやすく、安心感高く“スポーツ”を楽しめる。
Dynamicなドライブを試したあとは、ドルビーサラウンド・プロロジックシステムを採用した「プレミアム・オーディオ」で、Dynamicなサウンドを堪能できる。全9つのスピーカーは、、デンマークの名門「DYNAUDIO」社製だ。もちろん、Dynamicな走りにトライしなくても、音楽は楽しめる。

XC70のワケXC70 2.5T“Adventure”(5AT)……595.0万円

カメラマンのKさんがクルマを買い換えたということが、業界のちょっとしたニュースになった。それまで、1年落ちで買ったという1993年型「ボルボ240GLE」を、約10年、32万km超(!)も乗り続けていたからだ。
かわりに購入したのが、「最上のアクティブなライフスタイルを実現させる」と謳われる“シャコ高”ワゴンこと「XC70」である。

「ボルボは使い勝手がいいということがあったし、故障知らずだったし」とKさん。240は、スクウェアな荷室ゆえ、撮影機材を積みやすく、おろしやすかったという。「僕は、機材をたくさんもっていく方なんで」
−−どうしてV70ではなくXC70にしたんですか?
「V70もいいかなと思ったんだけど、街なかでよく見るし……、それに仕事がらロケハンに行くことが多いので、XC70の方が安心かな、と」
−−最低地上高に余裕があるから。
「そう」
なるほど。

Kさんが手に入れたのは、素のXC70。同車のラインナップには、上級グレードとして、機関面は同じながら「クルーズコントロール」「パワーシート」など装備を奢った「XC70 2.5T」がある。
「サンルーフを付けたかったんだけど、ダメだっていわれちゃったんだよね」
屋根が開くと、撮影のとき便利だから……と同情しながらカタログを調べると、たしかに「本革シート」「チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ」といった装備をセットにした「ベーシックパッケージ」はXC70 2.5Tにしか用意されない。

2.5Tは、基準車たるXC70より40.0万円高い535.0万円。これに36.0万円のベーシックパッケージを加えると、571.0万円。なかなかいい値段である。
「こないだ、スモークガラスのXC70が出たでしょう?」と、XC70のオーナーはさすがに詳しい。
−−XC70 2.5T“Adventure”ですね。ダークティンテッドガラスだと、何がいいんですか?
「僕のクルマだと、(素のガラスだから)なかが丸見えだから」
−−やはりウラヤマシイ?
「でもアレ、高いでしょ」
−−595.0万円。
「ボルボって、なかなか“素”のクルマが買えないんだよね。在庫がないから。結局、セットオプションがついたり、ライトがキセノンになってたりして」
−−価格が高くなる、と。ときに、XC70はどうですか?
「気に入ってますよ。高速でも速度が出るし、パワーに余裕があるから移動がラク」
−−エンジン、2.5リッターターボですから。209psの。でも、比較対象が10年前の240ですからねぇ……。

XC70 2.5Tは、ベーシックパッケージを装着した2.5Tをベースに、「クリスタルグリーンパールメタリック」をイメージカラーとし、外観は「前後スキッドプレート」「ルーフエンドスポイラー」、内装は「アルミニウムパネル(メッシュ仕上げ)」などでスポーティに装ったリミテッドバージョン。ボルボとしてはじめて「ダークティンテッド・ウィンドウ」を採用したのもニュースだ。2003年11月1日から04年3月31日までの期間限定販売となる。

(文=webCGアオキ/写真=市 建治/2004年2月)

・ボルボ・スペシャルエディション試乗報告【短評(前編)】(2004/03/07)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000014860.html

700カ所もの改良を受けたという2004年モデル。前後のドアガラスに、中間にPVB樹脂の膜を挟んだ「ラミネーティッド・サイドウィンドウ」を採用。防犯上有効な割れにくさと、高い防音性をもち、有害な紫外線をカットする。車内の空気を浄化する「アクティブ・キャビンフィルター」を採用したことも新しい。
 
700カ所もの改良を受けたという2004年モデル。前後のドアガラスに、中間にPVB樹脂の膜を挟んだ「ラミネーティッド・サイドウィンドウ」を採用。防犯上有効な割れにくさと、高い防音性をもち、有害な紫外線をカットする。車内の空気を浄化する「アクティブ・キャビンフィルター」を採用したことも新しい。
	 
「FOUR-C」のメカニカルなキモ「電子制御連続可変ショックアブソーバー」は、バルブ部分をオーリンズレーシングが開発、モンロー社が生産する。
 
「FOUR-C」のメカニカルなキモ「電子制御連続可変ショックアブソーバー」は、バルブ部分をオーリンズレーシングが開発、モンロー社が生産する。
	 
XC70 2.5T“Adventure”:全長×全幅×全高=4735×1860×1560mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/車両本体価格=535.0万円(テスト車=595.0万円)
 
XC70 2.5T“Adventure”:全長×全幅×全高=4735×1860×1560mm/ホイールベース=2765mm/車重=1710kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/車両本体価格=535.0万円(テスト車=595.0万円)
	 
インテリアには、本革シート(フロントはパワー)が奢られる。アルミニウムパネルが、スペシャル。オーディオは、8スピーカーを備える「CD/MD付ハイパフォーマンスシステム」が装着される。

 
インテリアには、本革シート(フロントはパワー)が奢られる。アルミニウムパネルが、スペシャル。オーディオは、8スピーカーを備える「CD/MD付ハイパフォーマンスシステム」が装着される。
	
	 
ボディカラーは、「クリスタルグリーンパールメタリック」ほか、9色が用意される。前後スキッドプレート、フロントフォグランプ、電動ガラスサンルーフを装備する。ヘッドライトは、バイキセノンだ。
 
ボディカラーは、「クリスタルグリーンパールメタリック」ほか、9色が用意される。前後スキッドプレート、フロントフォグランプ、電動ガラスサンルーフを装備する。ヘッドライトは、バイキセノンだ。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S80の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る