第100回:和ダンスと洋ダンスの違い?VW製“ブランドミニバン”ゴルフ トゥーラン

2004.03.05 エッセイ

第100回:和ダンスと洋ダンスの違い?VW製“ブランドミニバン”ゴルフ トゥーラン

【スペック】
ゴルフトゥーランE:全長×全幅×全高=4390×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(116ps/5800rpm、15.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=259.0万円
【スペック】
	ゴルフトゥーランE:全長×全幅×全高=4390×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(116ps/5800rpm、15.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=259.0万円
 
第100回:和ダンスと洋ダンスの違い?VW製“ブランドミニバン”ゴルフ トゥーランの画像
2列目シートについたヒモを引っ張り、シートバックを倒して3列目に乗り込む。ちなみに、欧州には2列シート版もあり。
2列目シートについたヒモを引っ張り、シートバックを倒して3列目に乗り込む。ちなみに、欧州には2列シート版もあり。

■いまさら……と思ったら

フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」(以下トゥーラン)に乗ってきました。VWのミニバンは、「シャラン」ってのがあったけど、全長4635mm、幅1810mmだから、オデッセイ(同4765×1800mm)クラス。日本に導入されていない「マルチバン」(同4890×1905mm)になると、それよりもデカい。つまり、あんまり大量に売れないクラス。しかし、トゥーランは「ゴルフV」ベースのニューモデル。日本車でいえば「ホンダ・ストリーム」(シビックベース)や「トヨタ・ウィッシュ」(プレミオ/アリオン)と肩を並べる、売れ線モデルなのだ。

でもね、正直俺は「ダメかもなぁ〜」って思ってたのよ。VWに限らずドイツ車の場合、ミニバンに力を入れ始めたのが遅いじゃない。昔から「デリバリーバン」みたいなのはあったけど、アレはハッキリいって商用&マニア用だし。

一方、日本は、1994年10月に初代「ホンダ・オデッセイ」が登場。ミニバンがブレイクして以来、トヨタ、日産、三菱、マツダがミニバン開発にしのぎを削り、先日はある意味「めちゃくちゃ先イっちゃってる」3代目オデッセイが出た。次期型「ステップワゴン」は4列シート(!?)を採用するウワサもある。「VWがいまさら……」って思ってたのよ。

そしたらね、結構いいんだわコレが。

サードシートは5:5の分割可倒
サードシートは5:5の分割可倒
7席のすべてに、3点式シートベルトが備わるのは、さすが欧州車。
7席のすべてに、3点式シートベルトが備わるのは、さすが欧州車。

■ヨコとタテのパッケージング

見た目は、正直いって冴えません。ゴルフを丸くちょっとデカくしたようにも見えるし、ポロがそのままデカくなったようでもある。インパクト薄し。
でもね、乗るとVWらしい高品質感でイッパイだった。インパネは質の高そうな樹脂使ってるし、タテツケもビシっとしてる。

なにより、パッケージングがいい。国産ミニバンと明らかにコンセプトが違うのが、このパッケージングだと思う。日本車が荷物を「ヨコに広げて収納」するのに対し、トゥーランの場合「タテに並べて収納」するっていうの? 和ダンスと洋ダンスぐらいノリが違うのだ。
人間も同様、たとえば2列目シートは、明らかに1列目より座面が一段高くて足元が深いので、体を起こしぎみに座る。1列目も体を起こすタイプなんだけど、それだけじゃない。オオゲサにいうと、インパネまでがそそり立つように高いのだ。

それだけ聞くと「窮屈?」って思うかもしれないけど、ちょっと違って、独特の安心感がある。シートのできがよく、背中からオシリ、太ももまで、硬めのスポンジでビシッと包み込み、なんちゅーか、背筋が伸びるような座り心地なのだ。残念ながら3列目は、全長4390mmと短いこともあって狭いけど、シートは同様にキモチよいものだった。

3列目を格納すると、フラットな荷室が拡がる。セカンドシートはダブルフォールディングに加え、3座を独立して取り外し可能。中央席のシートバック裏は、テーブルになる。
3列目を格納すると、フラットな荷室が拡がる。セカンドシートはダブルフォールディングに加え、3座を独立して取り外し可能。中央席のシートバック裏は、テーブルになる。
 
第100回:和ダンスと洋ダンスの違い?VW製“ブランドミニバン”ゴルフ トゥーランの画像

■非常にナチュラル

それからね、走りなんだけど、空間のつくり方からもわかるように、明らかに重心が高いワケ。なのに、それをヘンに隠さないのだ。
日本車の場合、ミニバンなのに走りはスポーツカー並みだったり、ポジションが意外なほどスポーティだったりするんだけど、そういう小技はほとんどない。

これを「努力不足」と見るか「正々堂々としてる」と捉えるかは人それぞれ。だけど、俺はこの「荷物グルマなんだから大きくていいじゃないか!」って考え方は、なかなかキモチいいと思ったな。ムリがなくて。
それに、荷物グルマとはいっても、トゥーランは新型ゴルフVの最新プラットフォームが使われる。だから、重心が高いのにコーナリング時のロールは自然で、ステアリングフィールも乗り心地も、加速感もとってもイイ。非常にナチュラルなクルマなのだ。

繰り返すけど「インパクト」はあまりありません。だけど質の高さ、ほかとは違うインテリジェンスが感じられる、VWブランドらしいミニバンだと思う。家族持ちのVWファン、ドイツ車ファンの方。一度乗ってみることをオススメしますよ。

(文と写真=小沢コージ/2004年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事 ホームへ戻る