スバル、カスタマイズ事業を本格展開

2004.03.04 自動車ニュース

スバル、カスタマイズ事業を本格展開

富士重工業は、2004年3月3日、同社の関連会社「スバルカスタマイズ工房」とともに、カスタマイズ事業を開始すると発表した。第一弾として、「レガシィ」や「インプレッサ・セダン」など、3車種の特別仕様を設定、発売した。


【写真上】インテリアパッケージforレガシィ
【写真下】インプレッサ ワイドボディパッケージ

今回設定したカスタマイズの内容は、「レガシィ」の内装と、「インプレッサ・セダン」の外装、中古の「サンバーバン」の内外装の3種類だ。

レガシィの内装カスタマイズ「インテリアパッケージ for レガシィ」は、レガシィシリーズのSRSサイドエアバッグ付き車と本革仕様車を除く、新車がベース。本革シートとドアトリムを、標準ラインナップにはない「オレンジ」「オフホワイト」「ダークブルー」「レッド&ブラック」から選択、アレンジできる。オプションとして、オリジナル木目ドアグリップ、センターコンソールオーナメントを設定。価格はベース車両プラス25.0万円からだ。

「インプレッサ ワイドボディパッケージC1」は、「15i」を除くインプレッサ・セダンが対象。フロントとリアに、ワイドブリスターフェンダーを装着、ボディの全幅は60mm広い、1800mm(!)になるという。さらに、フロントバンパースカートとリヤバンパーフェイス、専用サイドアンダースカートも装備。WRCを戦う「WRカー」を彷彿とさせる、アグレッシブな外観に変身する、というワケだ。オプションで18インチのアルミホイールとタイヤを履かせ、さらにスポーティさを磨くことも可能。ボディカラーはピュアホワイトのみで、価格はベース車両の110.0万円増しから。


サブロクサンバー

「サブロクサンバー」は、「サンバーバン」の中古車を改造して商品力を向上させたもの。かつての「スバル360」をイメージし、丸形のヘッドライトを装着した専用フロントフェイス&フロントバンパー、2トーン塗装の外装色、前後サイドのアンダースポイラーを装着。インテリアは、シートやドアトリムなど、幅広いカスタムが施される。
価格は中古車の車両状態に応じて設定。スバルの中古車販売店店頭で販売する。

(webCG カワデ)

富士重工業:
http://www.fhi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。