シボレー、新型「コーベット・コンバーチブル」を発表

2004.03.03 自動車ニュース

シボレー、新型「コーベット・コンバーチブル」を発表

米ゼネラルモーターズ(GM)は、6代目「コーベット」のオープンモデル「コーベット・コンバーチブル」を、2004年3月1日に発表した。




1953年にデビューした、アメリカンスポーツカーを象徴するモデル「コーベット」。「C6」と呼ばれる6代目は、2004年のデトロイトショーで発表。クーペが晩夏、コンバーチブルは秋に生産開始で、アメリカ国内で夏頃、欧州では秋にリリースされるという。




新型「コーベット・コンバーチブル」の特徴は、1962年以来の採用となる、電動式の「パワートップ」(オプション設定)。ボタン操作により、ソフトトップが約18秒で開閉するという。素材は「Twillfast」という5層構造の厚い生地で、高い耐久性と気密性が謳われる。なお標準ソフトトップは、マニュアル操作による開閉となる。




ドライバビリティに関し、GMは、新型の開発当初からオープンモデルを念頭に置いていたため、乗り心地やハンドリングなどはクーペにヒケをとらない出来だ、と自信満々。軽量化も行われ、装備重量は2004年型(C5)より22kg軽い1451kgとした。エンジンはクーペと同じ、排気量の拡大や改良を施した、400ps/6000rpmの最高出力を誇る6リッターV8OHVを搭載。トランスミッションの仕様や装備品などは、すべてクーペと同じものが選べる。

(webCGオオサワ)

シボレー(日本):
http://www.chevrolet.co.jp/

シボレー(米):
http://www.chevrolet.com/

【関連リンク】
シボレー、新型「コーベット」をデトロイトで発表(2004/01/06):http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014569.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。