【スペック】全長×全幅×全高=4390×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(116ps/5800rpm、15.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=259.0万円(テスト車=270.0万円)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランE(6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン E(6AT) 2004.03.02 試乗記 ……270.0万円総合評価……★★★★フルラインメーカーへの転身を図るフォルクスワーゲンが、ミニバン大国ニッポンに送り込んだ「ゴルフ トゥーラン」。「ゴルフV」ベースのコンパクトミニバンに、自動車ジャーナリストの生方聡が試乗した。
自動車ジャーナリストの生方聡氏。

ゴルフ感覚で乗れる

日本では「ゴルフ」ファミリーの一員として売り出される、フォルクスワーゲン初のコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」。ドイツ本国では、単に「トゥーラン」と呼ばれる。
5代目「ゴルフV」に先駆けて日本デビューしたトゥーランは、エンジンや足まわりなど、基本となる部分の設計を新型ゴルフと共用する。そのことと、“ゴルフ”の車名が定着したこともあってか、日本ではゴルフブランドを借りることになった。

実際乗ってみると、その名前にふさわしい内容を備えている。すなわち、親しみやすいエクステリアデザインと質感の高いインテリア、高いボディ剛性、重厚な乗り心地、充実の安全装備など。ゴルフの特徴といえる部分のほぼすべてが、トゥーランに受け継がれた。
7人乗り3列シートのミニバンとしては、室内スペースや細かい使い勝手において、同クラスの日本車のほうが進んでいる部分がある。価格も、日本のライバル車に比べて割高なのはたしかだ。しかし、ゴルフの感覚で乗れるコンパクトミニバンが登場したことは、ゴルフオーナーや、家族構成上ゴルフをあきらめていた人にはうれしいかぎり。かくいう私も、トゥーランの登場を心から歓迎するひとりである。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2003年のジュネーブモーターショーでデビューした「トゥーラン」は、「ゴルフV」のプラットフォームをベースにつくられたコンパクトミニバン。本国では単にトゥーランと呼ばれるが、日本ではブランド戦略上からか、馴染みのある「ゴルフ」の名をつけ、「ゴルフトゥーラン」として販売される。
日本に導入されるのは、1.6リッターと2リッターの直噴ガソリンエンジンを積む2グレード。それぞれ「E」と「GLi」と呼ばれる。トランスミッションは、いずれにもアイシン製の横置きティプトロニック6段ATが組み合わされ、前輪を駆動する。シートレイアウトは、本国ではオプションの3列7人乗りのみだ。
ハードウェアのポイントは、約70cmにおよぶレーザー溶接、高張力鋼板を使用して剛性と安全性を高めたボディ、高出力と高燃費を両立したという直噴「FSI」エンジンと、アイシン製6段ATなど。ミニバンのウリであるシートレイアウトは、3席を独立して取り外せるセカンドシートにより、多彩なシートアレンジを実現した。3列目はレバー操作で、床面とフラットに格納できる。
(グレード概要)
日本に導入されるトゥーランは、1.6リッターと2リッターの直噴「FSI」ユニットを積む2グレード。本国にラインナップするディーゼル仕様(1.9と2.0)は導入されない。
グレード間に装備品の差異はほとんどなく、2リッターはフォグランプ、クロームフレール、アルミホイール(1.6はスチールホイール+キャップ)が標準。インテリアは、2リッターにサイドサポートのついたスポーツシート、フルオートエアコン(1.6はセミオート)や本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、アルミパネル装飾が備わる。
全6個のエアバッグ、アクティブヘッドレスト、7席ぶんの3点式シートベルトなど、安全装備は全車共通。ESP、EBD付きABS、ブレーキアシストなど、電子デバイスも、グレードにかかわらず標準装備される。



フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランE(6AT)【ブリーフテスト】の画像


フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランE(6AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ゴルフ トゥーランという名前からもわかるように、このクルマのメーターパネルやダッシュボードのデザインは、新型ゴルフと共通のイメージを持つ。よく見ると、新型ゴルフとは細部でデザインが異なるが、高い質感のプラスチックやアルミパネルの採用により、すっきりとしながらも高級感のあるコクピットに仕上がっている。VWデザインの文法どおりだ。
大型の速度計&回転計は、目盛りの部分が立体的なデザインで、ライト点灯時にブルーのイルミネーションで照らされるのが大きな特徴。2つのメーターの間には、シフトポジションや各種情報を表示する「マルチファンクションインジケーター」が、グレードを問わず装着される。

トゥーランのベーシックな仕様、1.6リッターエンジンを積む「E」グレードでも、装備に関しては上級モデルの「GLi」にヒケをとらない。差といえば、本革巻きのステアリングホイールやシフトレバーが省かれたり、エアコンがセミオートタイプになる程度だ。グレードによって安全装備に差をつけないのも、VWの良心といえる。
(前席)……★★★★
サイドサポートの張り出したスポーツシートを装着する「GLi」に対して、Eグレードのシートはコンフォートシート。スポーツシートに比べるとサポートはやや控えめになるが、そのぶんゆったりとした印象だ。それでいて、しっかりした座り心地はいかにもドイツ車という感じである。ヒップポジションが631mmと、乗用車に較べて高いため、オルガン式のアクセルペダルを上から踏みつける感覚に、やや違和感を覚えた。とはいえ、空調のスイッチが大きくて操作しやすかったり、運転席まわりに収納が多いなど、使い勝手は良好である。
(2列目シート)……★★★★
3人分の場所が用意されるセカンドシートは、それぞれが独立してリクライン、スライド、折りたたみ、そして、取り外しが可能。3席並べた状態でも窮屈な感じはない。中央席を外し、両側の席を内側に移動することもできる。横方向の余裕が増すとともに、リクラインの量も大きくなるから、4人乗車ならこの状態が便利だ。両側のシートにはISOFIX対応チャイルドシート用の固定装置が備り、従来のフォルクスワーゲンのモデルより取り付けやすくなったのがうれしい。中央にこの固定装置は用意されないが、ヘッドレストや3点式シートベルトは標準装着される。
(3列目シート)……★★
サードシートはドイツ本国ではオプションだが、日本仕様は全車標準で装着される。2名分のシートはそれぞれ独立して折りたたみが可能で、横方向のスペースは問題ない。だが、足もとに余裕がなく、座面の位置が低いため、どうしても膝を抱える格好となり、大人が長時間乗るには窮屈だ。小さな子供には必要十分なスペースといえるものの、リアタイアからのロードノイズが気になるし、1列目、2列目に比べると上下動が目立つので、車酔いしやすい子供には不向きかもしれない。短距離移動用のシートと割り切ったほうがいいだろう。
(荷室)……★★★★
サードシートを使う場合のラゲッジスペースは、容量121リッターとミニマム。6人以上の荷物を積んで、泊まりがけの旅行に出かけるのは難しいだろう。4〜5人で使うなら、サードシートをフロアに収納するだけで、幅、奥行き、そして、高さとも十分なラゲッジスペースが現れるので不満はない。いざとなれば、セカンドシートを取り外してさらに広い空間を手に入れることもできる。地上からラゲッジスペースのフロアまでの位置が高すぎないのも、使いやすい点だ。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
「アウディA3」が先んじて投入したが、フォルクスワーゲンとしては、日本初導入となるガソリン直噴の「FSI」エンジン。トゥーランEには、排気量1.6リッターの直列4気筒、最高出力116ps/5800rpm、最大トルク15.8kgm/4000rpmのユニットが搭載される。最高出力は、現行「ゴルフLプラス」が積む2リッター直4SOHCエンジン(116ps、17.5kgm)に匹敵するが、低回転域でのトルクが不足気味で、1530kgのボディを発進させるには物足りない。一方、高回転域では、余裕こそないが、必要なだけのパワーは持ちあわせている。ストップ・アンド・ゴーの多い都内よりも、比較的平均速度の高い郊外を走るような人向きのブレードといえる。6段オートマチックはシフトチェンジこそスムーズだが、低回転ではエンジンのトルクの細さをカバーするために、どうしてもシフトダウンが多くなってしまう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
低速ではやや硬めで、道路の凹凸を拾う傾向のあるトゥーランの足まわり。だが、スピードが上がってくると、フラットさを増し、落ち着いた乗り心地を示すようになる。新採用の電動パワーステアリングは、必要なときだけ電動アシストする構造で、省エネルギーに貢献するはやりの機構。個人的に、低速での操舵力が軽すぎるように思ったが、速度を上げていくと、落ち着いた印象に変わる。高速巡航時は舵のすわりがよく、軽く手を添えるだけで直進を続ける。一方、中立付近のアソビがないので、ステアリング操作に即座に反応する軽快さもある。
新開発の4リンク式リアサスペンションと、改良が加えられたフロント、マクファーソン・ストラットサスペンションのおかげで、従来のゴルフとは一線を画すハンドリングを手に入れたのは、トゥーランの「売り」のひとつ。高速でレーンチェンジをする際でも、ロールを抑えながらきびきびと向きを変えていく様子に、(ゴルフと)トゥーランの進化を見た。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2004年2月20日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前) 185/55R1205/55R16(後)同じ(いずれもミシュラン ENERGY)
オプション装備:チルト機構付電動ガラス スライディングルーフ(11.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(5)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る