ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

2004.03.01 自動車ニュース
 

ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」「チェロキー」に、内外装を飾りつつ上乗せ価格を低めに抑えた限定車「エクストリームスポーツ」を設定、2004年3月6日に発売する。各100台の限定販売。


【写真上】ラングラー・エクストリームスポーツ
【写真下】チェロキー・エクストリームスポーツ
 

特別仕様車のベースは、それぞれのエントリーグレード「スポーツ」である。
「ラングラー・エクストリームスポーツ」には、ビニールウィンドウ付きのハーフドア、15インチ専用アルミホイールを付与。オーバーフェンダーはグラファイト塗装される。内装には、コンソール内蔵のツイーター付きサブウーハー、エンジンルームランプが備わる。

一方、「チェロキー・エクストリームスポーツ」は、グラファイト塗装をバンパーとサイドモールに施し、オーバーフェンダーはボディ同色とした。16インチアルミホイールは上級モデル「レネゲード」、フロントハロゲンフォグランプは最上「リミテッド」と、それぞれ同様のパーツを採用。このほか、スペアタイヤカバーや革巻きステアリングホイール、スピードコントロールなども装備する。

さらに、両特別モデルを対象に、ボディサイドに限定車専用のオリジナルバッジを、ダークスレートとトープのツートンカラーのフロントシートには、ジープのロゴをそれぞれ意匠し、特別感を与えた。インストルメントパネルには、ブライトアルミ調のセンターパネルも採用している。
ボディカラーは、ブライトシルバーとフレームレッドの2色だ。
ともにトランスミッションは4段AT、右ハンドルのみで、価格はラングラー・エクストリームスポーツがベースモデルから1.0万円高に抑えた279.0万円、チェロキー・エクストリームは同比7.0万円高の306.0万円。

(webCG カワデ)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る