ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

2004.03.01 自動車ニュース
 

ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」「チェロキー」に、内外装を飾りつつ上乗せ価格を低めに抑えた限定車「エクストリームスポーツ」を設定、2004年3月6日に発売する。各100台の限定販売。


【写真上】ラングラー・エクストリームスポーツ
【写真下】チェロキー・エクストリームスポーツ
 

特別仕様車のベースは、それぞれのエントリーグレード「スポーツ」である。
「ラングラー・エクストリームスポーツ」には、ビニールウィンドウ付きのハーフドア、15インチ専用アルミホイールを付与。オーバーフェンダーはグラファイト塗装される。内装には、コンソール内蔵のツイーター付きサブウーハー、エンジンルームランプが備わる。

一方、「チェロキー・エクストリームスポーツ」は、グラファイト塗装をバンパーとサイドモールに施し、オーバーフェンダーはボディ同色とした。16インチアルミホイールは上級モデル「レネゲード」、フロントハロゲンフォグランプは最上「リミテッド」と、それぞれ同様のパーツを採用。このほか、スペアタイヤカバーや革巻きステアリングホイール、スピードコントロールなども装備する。

さらに、両特別モデルを対象に、ボディサイドに限定車専用のオリジナルバッジを、ダークスレートとトープのツートンカラーのフロントシートには、ジープのロゴをそれぞれ意匠し、特別感を与えた。インストルメントパネルには、ブライトアルミ調のセンターパネルも採用している。
ボディカラーは、ブライトシルバーとフレームレッドの2色だ。
ともにトランスミッションは4段AT、右ハンドルのみで、価格はラングラー・エクストリームスポーツがベースモデルから1.0万円高に抑えた279.0万円、チェロキー・エクストリームは同比7.0万円高の306.0万円。

(webCG カワデ)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る