ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

2004.03.01 自動車ニュース
 

ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」「チェロキー」に、内外装を飾りつつ上乗せ価格を低めに抑えた限定車「エクストリームスポーツ」を設定、2004年3月6日に発売する。各100台の限定販売。


【写真上】ラングラー・エクストリームスポーツ
【写真下】チェロキー・エクストリームスポーツ
 

特別仕様車のベースは、それぞれのエントリーグレード「スポーツ」である。
「ラングラー・エクストリームスポーツ」には、ビニールウィンドウ付きのハーフドア、15インチ専用アルミホイールを付与。オーバーフェンダーはグラファイト塗装される。内装には、コンソール内蔵のツイーター付きサブウーハー、エンジンルームランプが備わる。

一方、「チェロキー・エクストリームスポーツ」は、グラファイト塗装をバンパーとサイドモールに施し、オーバーフェンダーはボディ同色とした。16インチアルミホイールは上級モデル「レネゲード」、フロントハロゲンフォグランプは最上「リミテッド」と、それぞれ同様のパーツを採用。このほか、スペアタイヤカバーや革巻きステアリングホイール、スピードコントロールなども装備する。

さらに、両特別モデルを対象に、ボディサイドに限定車専用のオリジナルバッジを、ダークスレートとトープのツートンカラーのフロントシートには、ジープのロゴをそれぞれ意匠し、特別感を与えた。インストルメントパネルには、ブライトアルミ調のセンターパネルも採用している。
ボディカラーは、ブライトシルバーとフレームレッドの2色だ。
ともにトランスミッションは4段AT、右ハンドルのみで、価格はラングラー・エクストリームスポーツがベースモデルから1.0万円高に抑えた279.0万円、チェロキー・エクストリームは同比7.0万円高の306.0万円。

(webCG カワデ)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】 2007.3.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

    「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る