ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

2004.03.01 自動車ニュース
 

ジープ「ラングラー」「チェロキー」に特別仕様限定車

ダイムラークライスラー日本は、ジープ「ラングラー」「チェロキー」に、内外装を飾りつつ上乗せ価格を低めに抑えた限定車「エクストリームスポーツ」を設定、2004年3月6日に発売する。各100台の限定販売。


【写真上】ラングラー・エクストリームスポーツ
【写真下】チェロキー・エクストリームスポーツ
 

特別仕様車のベースは、それぞれのエントリーグレード「スポーツ」である。
「ラングラー・エクストリームスポーツ」には、ビニールウィンドウ付きのハーフドア、15インチ専用アルミホイールを付与。オーバーフェンダーはグラファイト塗装される。内装には、コンソール内蔵のツイーター付きサブウーハー、エンジンルームランプが備わる。

一方、「チェロキー・エクストリームスポーツ」は、グラファイト塗装をバンパーとサイドモールに施し、オーバーフェンダーはボディ同色とした。16インチアルミホイールは上級モデル「レネゲード」、フロントハロゲンフォグランプは最上「リミテッド」と、それぞれ同様のパーツを採用。このほか、スペアタイヤカバーや革巻きステアリングホイール、スピードコントロールなども装備する。

さらに、両特別モデルを対象に、ボディサイドに限定車専用のオリジナルバッジを、ダークスレートとトープのツートンカラーのフロントシートには、ジープのロゴをそれぞれ意匠し、特別感を与えた。インストルメントパネルには、ブライトアルミ調のセンターパネルも採用している。
ボディカラーは、ブライトシルバーとフレームレッドの2色だ。
ともにトランスミッションは4段AT、右ハンドルのみで、価格はラングラー・エクストリームスポーツがベースモデルから1.0万円高に抑えた279.0万円、チェロキー・エクストリームは同比7.0万円高の306.0万円。

(webCG カワデ)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る