ヒュンダイ「XG」に2.5リッター追加

2004.02.27 自動車ニュース

ヒュンダイ「XG」に2.5リッター追加

ヒュンダイモータージャパンは、フラッグシップセダン「XG」に、2.5リッターエンジンを搭載した新グレード「250」を追加設定、2004年2月25日に発表した。販売開始は3月6日。

2001年5月に日本上陸を果たし、2003年3月にマイナーチェンジがなされた上級セダン「XG」。従来3リッターV6エンジン搭載車のみだったラインナップに、今回2.5リッターの「XG250」が加わった。2.5リッターV6DOHCユニットは、最高出力167ps/6000rpm、最大トルク22.9kgm/4000rpmを発生。トランスミッションは4段オートマチックで、300より1段すくない。
装備では、「XG300」にあるトラクションコントロールやクルーズコントロールなど一部が簡略化され、最廉価モデルは209.8万円のプライスタグを付ける。

同時に、XG300において、オプション扱いだった本革シートとフロントシートヒーターが標準となる装備変更が行われた。

各車の価格は以下の通り(カッコ内は従来比)。

●XG
250(FF/4AT):209.8万円
250本革シート・前席シートヒーター付き(FF/4AT):219.8万円
300(FF/5AT):264.8万円(+10.0万円)
300L(FF/5AT):294.8万円
300Lサンルーフ付き(FF/5AT):300.8万円

(webCG 本諏訪)

ヒュンダイモータージャパン:
http://www.hyundai-motor.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。