マゼラーティ「クワトロポルテ」、ニューモデル販売開始

2004.02.25 自動車ニュース
 

マゼラーティ「クワトロポルテ」、ニューモデル販売開始

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、マゼラーティの4ドアサルーン「クワトロポルテ」のニューモデルの価格を、2004年2月24日に発表した。デリバリー開始は2004年5月の予定。価格は1280.0万円で、年間200台の販売を目指す。



 

■5代目登場

イタリア語で「4枚ドア」を意味する「クワトロポルテ」は、イタリアの名門マゼラーティのフラッグシップモデル。1963年にデビューした初代から数えて5代目となる新型は、2003年のフランクフルトショーで発表、直後の東京モーターショーにも目玉として展示された。

ニュー・クワトロポルテのデザインを手がけたのは、カロッツェリア・ピニンファリーナ。過去にピニンファリーナがマゼラーティを手がけた例は少ないが、マゼラーティがフェラーリ社傘下となって以来、ピニンファリーナとの関係は深まりつつある。近年では、ジウジアーロがデザインした「クーペ」や「スパイダー」のモディファイを、ピニンファリーナが行っている。


2002年に開催された「フェラーリ&マセラティ展」に展示された、「マゼラーティA6GCS ベルリネッタ ピニンファリーナ」。1953から54年にかけて、わずか4台が生産された。
 

新型のエクステリアは、先代クワトロポルテの直線基調から、曲面を多用したボリューム感あるデザインとなった。初代クワトロポルテを彷彿とさせる、四角いヘッドランプと突き出たグリルのフロントマスクなど、マゼラーティのデザインアイコンもちりばめられる。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5052×1895×1438mm、ホイールベースは3064mm。メルセデスベンツ「Sクラス」(S500:5045×1855×1445mm/2965mm)やBMW「7シリーズ」(735i:5029×1902×1492mm/2990mm)に匹敵する、堂々たる体躯の持ち主だ。



 

インテリアは、レザーやウッドなどの高級素材を使った豪奢なもの。センターパネル上部には、伝統の時計も配される。インテリアバリエーションは豊富で、ウッドパネルが3種類、レザーシートは10種類から選択可能。全15色のボディーカラーやオプションと組み合わせれば、オーナーの好みに応じてコーディネートできる。



 

■0-100km/h=5.2秒

エンジンは、クーペやスパイダーに搭載される、バンク角90度の4.2リッターV8DOHC32バルブを改良したもの。46.0kgm/4500rpmの最大トルクは同じだが、最高出力は10ps高められ、400ps/7000rpmを発生する。

トランスミッションは、「マゼラーティデュオセレクト」と呼ばれる、パドルシフトの6段シーケンシャル。基本的なメカニズムは、フェラーリ「F1トランスミッション」、マゼラーティ「カンビオコルサ」と同じだが、エンジンスタート時にオートマチックモードが自動選択される、サルーンにふさわしい設定となる。オートマチックシフトモードは、「ノーマル」「スポーツ」「ローグリップ」の3種類。ステアリングホイール裏のパドルでシフトする、マニュアルモードが備わるのはいうまでもない。



 

ギアボックスを後軸に配置する「トランスアクスル方式」を採用したこともトピック。これにより、前47:後53の理想的な重量配分を実現したという。車重1860kgと巨体ながら動力性能は高く、静止状態から100km/hまで5.2秒、最高速度は275km/hに達するという。

サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン式。電子制御でダンパーの減衰力を調整し、ボディをフラットに保つ「スカイフックサスペンション」を装備する。ブレンボ製のブレーキはABSとEBDを備え、フロントが4ポッド+330×32mm、リアは2ポッド+316×28mmのベンチレーテッドディスクとなる。



 

ラクシャリーサルーンらしく、装備品は豪華。前後シートヒーターやナビゲーションシステム、オートライトにクルーズコントロール、温度調節可能のコンパートメントボックスなど、快適装備が不足することはない。安全装備として、合計6つのエアバッグ、アンチスリップレギュレーション「ASR」などが搭載される。

(webCGオオサワ)

マゼラーティ(伊):
http://www.maserati.it/

コーンズモーター:
http://www.cornesmotor.com/

関連キーワード:
クアトロポルテマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
ホームへ戻る