【スペック】S40 T5(日本仕様):全長×全幅×全高=4470×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5000rpm、32.6kgm/1500〜4800rpm)/車両本体価格=410.0万円

ボルボS40 2.4i(5AT)/S40 T5(5AT)【海外試乗記】

名門の子息 2004.02.24 試乗記 ボルボS40 2.4i(5AT)/S40 T5(5AT)……330.0万円/410.0万円(国内販売価格)ハデさはないが、安全性や居住性、快適性を追求し続けてきたボルボ。新型「S40」に試乗した自動車ジャーナリストの笹目二朗が、ニューモデルの印象を語る。

正義の味方

ボルボの新型「S40」は、ノーズの斜線を見ればすぐボルボだとわかる。一見すると、ボルボネスを踏襲したオーソドックスなデザインだ。しかし、よ〜く観察すれば、非凡で新しいデザイン世代への試みがひしひしと伝わってくる。

丸い鼻先がなかなか“イマ風”なノーズ部は思いきり短く、さらにAピラーを後退させたフロントまわりはダイナミック。ピラーを寝かせすぎないため圧迫感はなく、フロントスクリーン下端に生じるガラスの歪みも気にならない。スカットルを低くして、室内からボンネットを見わたせるのもイイ。
乗員の居住区たるキャビンを大きくとり、クーペ風にルーフを流しながらも、テールにノッチをつけて3BOXを形づくる。まさに温故知新、正統派セダンの高級感をかもしながら、実質を重んじ、さらに可愛らしさも同居するデザインだ。新世代の先鋒として、“正義の味方”ボルボの面目躍如、といった感じがする。

【スペック】
S40 2.4i(日本仕様):全長×全幅×全高=4470×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/車両本体価格=330.0万円

【スペック】S40 2.4i(日本仕様):全長×全幅×全高=4470×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/車両本体価格=330.0万円


ボルボS40 2.4i(5AT)/S40 T5(5AT)【海外試乗記】の画像

一昔前ならハイスペック

走らせても、外観から受ける好印象は変わらない。2640mmの長いホイールベースと、短い前後オーバーハングにより、ピッチ方向の無駄な動きもなく姿勢はフラット。拡大されたトレッドにより、コーナーではよく踏ん張ってロールに対抗する。バネ/スタビライザーを硬めるより、トレッドを拡大するほうがロール剛性の確保には効果的で、ボルボはその手法をわきまえている。無用にアシを硬めないため、良好な乗り心地と素直な操縦安定性を両立させることができるのだ。

丸く隅切りされたノーズは実質的な回転半径を小さくし、狭い場所での取りまわしもいい。「S60」以上に広々と感じる明るい室内ながら、動きが活発で敏捷なせいか、動体寸法が実際以上に小さく感じられた。
個性的な直列5気筒エンジンのトルク特性も、ボディを小さく感じさせることに貢献している。上級グレード「T5」のターボパワーは、息の長い加速が大排気量車の速度感を演出。NA(自然吸気)エンジンを積む「2.4i」は、文字通り自然な感覚で、アクセルペダルを踏み込めばクルマが即応する。いずれも、一昔前ならハイスペックな高性能車で通る動力性能だ。アイシン製5段ATは適切なステップアップ比をもち、シフトショックはすくなく、効率よく加速させる。





ボルボらしいボルボ

思いつきや個人の閃き、果ては、ひとマネでつくられた(!?)のとは違い、長い経験や歴史に支えられて進化してきたものには、ひとつひとつに必然性が感じられ、納得させられる部分が多い。モデルチェンジですべてが変わったように見えても、積み重ねられたノウハウは受け継がれており、それらはやがて伝統の域に達する。そんなボルボらしいこだわりが散見された、あたらしいS40の印象を一言でいえば、“名門の子息らしい素直で伸びやかな素性”といえる。

育ちのよい優等生となると、へそ曲がりは重箱の隅をつつきたくなるもの。欠点らしきところは見当たらないのだが、強いて挙げるなら、衝突時に足を守るべく、限度を超えた力がかかると落下するように作られたペダル類の剛性感だ。特にブレーキペダルは、フルブレーキしたときのフィールが、少々ヤワに感じられた。

もとより、ボルボといえば安全性の大家。急がずとも速く、凡に見えて非凡。情熱的ではないが、飽きのこない長寿命の持ち主だ。いずれも大きなセールスポイントなのに、強調しない奥ゆかしさもある。10年、20年後の存在が容易に想像できるクルマであることも、また、ボルボらしいボルボである。

(文=笹目二朗/写真=ボルボカーズジャパン/2004年2月)

関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2014.3.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
ホームへ戻る