スバル「インプレッサ」競技専用アルミホイール発売

2004.02.23 自動車ニュース

スバル「インプレッサ」競技専用アルミホイール発売

富士重工業のモータースポーツ系モデルを手がけるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2004年2月25日から、スバル「インプレッサ」用の競技専用アルミホイールを発売する。

発売されるホイールは、WORK製の競技専用15インチアルミ鍛造1ピースホイールで、グラベル(未舗装路)タイヤの装着が可能になる。適用車種は、インプレッサのGDB フロント16インチ4ポッドディスクブレーキ装着車だ。
ホイールの塗装は薄い塗膜処理を施しており、放熱しやすいうえに、クラックが入っても発見しやすくなっているのが特徴だ。

2003年のPCWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)のグラベルイベントで、SPRT(スバルプロダクションラリーチーム)が採用し、3連勝したという実績も残している。

価格は3.2万円。販売はスバルディーラーとSTIショップで行う。問い合わせは最寄りのスバルディーラーへ。

(webCG カワデ)

スバルテクニカインターナショナル:
http://www.subaru-sti.co.jp/

 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る