アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

2004.02.23 自動車ニュース

アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

アウディジャパンは、ハッチバック「A3」に、1.6リッター直4エンジンを搭載した最廉価モデル「アトラクション」を追加設定、2004年2月20日に発売した。価格は、269.5万円。

日本におけるフォーリングスのエントリーモデル拡販を担う「A3アトラクション」は、装備こそひとつ上の2リッター「2.0 FSI」と同じながら、パワーユニットを1.6リッター直4(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)としてプライスダウンを図ったもの。トランスミッションは6段AT「ティプトロニック」で、前輪駆動となる。

同時に、従来のエントリーグレード、2.0 FSIは、新車登録時から3年間(走行距離5万km以内)無料でメンテナンスサポートが受けられる「フリーウェイプラン」を標準で設定し、5.5万円アップ。アトラクションより35.5万円高い305.0万円となった。

これにより、A3ラインナップは、アトラクション、2.0 FSIとそのスポーティバージョン「2.0 FSI Sport」(330.0万円)、そして3.2リッターV6+6段DSG(ダイレクトシフトギアボックス)のクワトロ(4WD)モデル「3.2 quattro」(437.5万円)の4車種となった。

(webCG 有吉)

アウディジャパン「A3」:
http://www.audi.co.jp/models/a3/

 
アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也の画像

関連キーワード:
A3セダンアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ジュネーブモーターショー2018(その11) 2018.3.9 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。アウディは新型「A6」を初公開した。新型「A7スポーツバック」とともに、その姿を画像で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
ホームへ戻る