アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

2004.02.23 自動車ニュース

アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

アウディジャパンは、ハッチバック「A3」に、1.6リッター直4エンジンを搭載した最廉価モデル「アトラクション」を追加設定、2004年2月20日に発売した。価格は、269.5万円。

日本におけるフォーリングスのエントリーモデル拡販を担う「A3アトラクション」は、装備こそひとつ上の2リッター「2.0 FSI」と同じながら、パワーユニットを1.6リッター直4(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)としてプライスダウンを図ったもの。トランスミッションは6段AT「ティプトロニック」で、前輪駆動となる。

同時に、従来のエントリーグレード、2.0 FSIは、新車登録時から3年間(走行距離5万km以内)無料でメンテナンスサポートが受けられる「フリーウェイプラン」を標準で設定し、5.5万円アップ。アトラクションより35.5万円高い305.0万円となった。

これにより、A3ラインナップは、アトラクション、2.0 FSIとそのスポーティバージョン「2.0 FSI Sport」(330.0万円)、そして3.2リッターV6+6段DSG(ダイレクトシフトギアボックス)のクワトロ(4WD)モデル「3.2 quattro」(437.5万円)の4車種となった。

(webCG 有吉)

アウディジャパン「A3」:
http://www.audi.co.jp/models/a3/

 
アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る