「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

2004.02.23 自動車ニュース

「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

プジョージャポンは、メタルトップをもつオープンモデル「307CC」の日本デビューを記念して、2004年2月25日、東京は青山でイベントを開催する。

「METAMORPHOSE」(メタモルフォーズ=変身)と題したこのイベントは、プジョー307CC2台と、デザイナー吉岡徳仁氏がデザインした、10万個のLEDを使ったオブジェクトによる、ビジュアルアートのコラボレーション。“クーペ”と“カブリオレ”の融合により「METAMORPHOSE」(変身)するクルマが、イベントで光のアートと融合する、というワケだ。
会場は、東京は青山の「青山スパイラルガーデン」。2004年2月25日の1日のみ開かれる、スペシャルイベントだ。入場は無料。詳細は以下の通り。

「METAMORPHOSE〈メタモルフォーズ〉」
開催日時:2004年2月25日 11:00〜18:00
会場:青山スパイラル・ガーデン
住所:東京都港区南青山5-6-23
入場料:無料

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

青山スパイラルガーデン:http://www.spiral.co.jp/

 
「プジョー307CC」とアートのコラボレーションの画像

関連キーワード:
307プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【東京モーターショー2017】プジョー、主力の「308」を大幅改良 2017.10.26 自動車ニュース 第45回東京モーターショーにおけるプジョーブースの主役はSUVだ。さらに、販売の主力となっている「308」に改良を加えて商品力を大幅に高め、セールスにおける責めの姿勢を示した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールB... 2016.8.12 試乗記
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記