「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

2004.02.23 自動車ニュース

「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

プジョージャポンは、メタルトップをもつオープンモデル「307CC」の日本デビューを記念して、2004年2月25日、東京は青山でイベントを開催する。

「METAMORPHOSE」(メタモルフォーズ=変身)と題したこのイベントは、プジョー307CC2台と、デザイナー吉岡徳仁氏がデザインした、10万個のLEDを使ったオブジェクトによる、ビジュアルアートのコラボレーション。“クーペ”と“カブリオレ”の融合により「METAMORPHOSE」(変身)するクルマが、イベントで光のアートと融合する、というワケだ。
会場は、東京は青山の「青山スパイラルガーデン」。2004年2月25日の1日のみ開かれる、スペシャルイベントだ。入場は無料。詳細は以下の通り。

「METAMORPHOSE〈メタモルフォーズ〉」
開催日時:2004年2月25日 11:00〜18:00
会場:青山スパイラル・ガーデン
住所:東京都港区南青山5-6-23
入場料:無料

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

青山スパイラルガーデン:http://www.spiral.co.jp/

 
「プジョー307CC」とアートのコラボレーションの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る