「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

2004.02.23 自動車ニュース

「プジョー307CC」とアートのコラボレーション

プジョージャポンは、メタルトップをもつオープンモデル「307CC」の日本デビューを記念して、2004年2月25日、東京は青山でイベントを開催する。

「METAMORPHOSE」(メタモルフォーズ=変身)と題したこのイベントは、プジョー307CC2台と、デザイナー吉岡徳仁氏がデザインした、10万個のLEDを使ったオブジェクトによる、ビジュアルアートのコラボレーション。“クーペ”と“カブリオレ”の融合により「METAMORPHOSE」(変身)するクルマが、イベントで光のアートと融合する、というワケだ。
会場は、東京は青山の「青山スパイラルガーデン」。2004年2月25日の1日のみ開かれる、スペシャルイベントだ。入場は無料。詳細は以下の通り。

「METAMORPHOSE〈メタモルフォーズ〉」
開催日時:2004年2月25日 11:00〜18:00
会場:青山スパイラル・ガーデン
住所:東京都港区南青山5-6-23
入場料:無料

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

青山スパイラルガーデン:http://www.spiral.co.jp/

 
「プジョー307CC」とアートのコラボレーションの画像

関連キーワード:
307プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
ホームへ戻る