マツダスピード、「RX-8」用に19インチアルミホイールなどをリリース

2004.02.19 自動車ニュース
 

マツダスピード、「RX-8」用に19インチアルミホイールなどをリリース

マツダのカスタマイズパーツ開発などを行うマツダスピードは、2004年2月13日、スポーツクーペ「RX-8」用のチューニングアイテムとして、新タイプのブレーキラインセットや19インチのアルミホイールなどの販売を開始した。


ブレーキラインセット(上)と、シルバーのアルミホイール(下)
 

新たにリリースされたのは、「RX-8」のスポーツ性能を向上させる同社のチューニングアイテム「ツーリングキットA-スペック」に追加設定されるものだ。
ブレーキラインセットは、素材となるステンレスを単線から7本の極細線をより合わせたメッシュタイプとし、高剛性、低膨張を実現。柔軟性や疲労への耐久性が飛躍的に向上したという。価格は4.0万円。

アルミホイールは、RAYS製鍛造モノブロック「MS-01S」に、新たに19インチのサイズを追加。17、18、19インチの3種類から選べるようになった。また、各サイズのカラーバリエーションにシルバーを追加し、従来のゴールド、ガンメタとあわせて3色とした。価格は、19インチが7.4万円、18インチ6.6万円、17インチ6.0万円。

詳細は、マツダコールセンター(0120-386-919)へ。

(webCG カワデ)

マツダスピード:
http://www.mazda.co.jp/mazdaspeed/

関連キーワード:
RX-8マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8(6MT)【海外試乗記(前編)】 2003.1.22 試乗記 マツダRX-8(6MT)

    ついに発売へのカウントダウンが始まったロータリースポーツ「RX-8」。“4ドア4シータースポーツ”というコンセプトを掲げ、観音開きのドアをもつマツダのニューモデルはどうなのか? 自動車ジャーナリスト河村康彦による「RX-8試乗報告」、その前編。


  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
ホームへ戻る