マツダスピード、「RX-8」用に19インチアルミホイールなどをリリース

2004.02.19 自動車ニュース
 

マツダスピード、「RX-8」用に19インチアルミホイールなどをリリース

マツダのカスタマイズパーツ開発などを行うマツダスピードは、2004年2月13日、スポーツクーペ「RX-8」用のチューニングアイテムとして、新タイプのブレーキラインセットや19インチのアルミホイールなどの販売を開始した。


ブレーキラインセット(上)と、シルバーのアルミホイール(下)
 

新たにリリースされたのは、「RX-8」のスポーツ性能を向上させる同社のチューニングアイテム「ツーリングキットA-スペック」に追加設定されるものだ。
ブレーキラインセットは、素材となるステンレスを単線から7本の極細線をより合わせたメッシュタイプとし、高剛性、低膨張を実現。柔軟性や疲労への耐久性が飛躍的に向上したという。価格は4.0万円。

アルミホイールは、RAYS製鍛造モノブロック「MS-01S」に、新たに19インチのサイズを追加。17、18、19インチの3種類から選べるようになった。また、各サイズのカラーバリエーションにシルバーを追加し、従来のゴールド、ガンメタとあわせて3色とした。価格は、19インチが7.4万円、18インチ6.6万円、17インチ6.0万円。

詳細は、マツダコールセンター(0120-386-919)へ。

(webCG カワデ)

マツダスピード:
http://www.mazda.co.jp/mazdaspeed/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • マツダ「RX-8 マツダスピードバージョン」を限定発売 2003.12.25 自動車ニュース マツダは、スポーツクーペ「RX-8」に、独自のパーツやチューニングを施してスポーツ性能を高めた「RX-8 マツダスピードバージョン」を設定。2004年2月中旬から、300台限定で発売する。
ホームへ戻る