富士重工、スバル「レガシィ」のスポーツモデルなどをジュネーブショーに出品

2004.02.18 自動車ニュース

富士重工、スバル「レガシィ」のスポーティモデルなどをジュネーブショーに出品

富士重工業は、2004年3月4日〜14日に開催される「ジュネーブモーターショー」に、スバル「レガシィセダン3.0R spec.B」などを出品すると発表した。

「レガシィセダン3.0R spec.B」は、可変バルブリフト機構付き3リッター水平対向6気筒エンジン、「インプレッサWRX STi」にも採用されている6段マニュアルトランスミッションを搭載。足まわりにはビルシュタイン製のサスペンション(フロント倒立式)と215/45R18タイヤを装着する、「上質な走りと高次元の運動性能を兼ね備え、運転する楽しさを追求したスポーティなモデル」(プレスリリース)である。

これに加え、コンセプトカーでは、2003年の第37回東京モーターショーにも出品した、2シーター「HEV(ハイブリッドエレクトリックビークル)」こと「B9SC(ビーナインスクランブラー)」、2+2シーターのミニカー「R1e(アールワンイー)」などを出展する。

(webCG カワデ)

富士重工業:
http://www.fhi.co.jp/

 
富士重工、スバル「レガシィ」のスポーツモデルなどをジュネーブショーに出品の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る