富士重工、スバル「レガシィ」のスポーツモデルなどをジュネーブショーに出品

2004.02.18 自動車ニュース

富士重工、スバル「レガシィ」のスポーティモデルなどをジュネーブショーに出品

富士重工業は、2004年3月4日〜14日に開催される「ジュネーブモーターショー」に、スバル「レガシィセダン3.0R spec.B」などを出品すると発表した。

「レガシィセダン3.0R spec.B」は、可変バルブリフト機構付き3リッター水平対向6気筒エンジン、「インプレッサWRX STi」にも採用されている6段マニュアルトランスミッションを搭載。足まわりにはビルシュタイン製のサスペンション(フロント倒立式)と215/45R18タイヤを装着する、「上質な走りと高次元の運動性能を兼ね備え、運転する楽しさを追求したスポーティなモデル」(プレスリリース)である。

これに加え、コンセプトカーでは、2003年の第37回東京モーターショーにも出品した、2シーター「HEV(ハイブリッドエレクトリックビークル)」こと「B9SC(ビーナインスクランブラー)」、2+2シーターのミニカー「R1e(アールワンイー)」などを出展する。

(webCG カワデ)

富士重工業:
http://www.fhi.co.jp/

 
富士重工、スバル「レガシィ」のスポーツモデルなどをジュネーブショーに出品の画像

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記