三菱、欧州向け「コルト」をジュネーブショーで発表

2004.02.17 自動車ニュース
 

三菱、欧州向け「コルト」をジュネーブショーで発表

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」の欧州向けモデルを、2004年3月4日〜14日に開催される「ジュネーブモーターショー」で発表、同年5月から欧州市場へ投入する。


インストルメントパネルなどは、欧州専用の新デザイン。
 

日本では2002年11月にデビュー(復活)した「コルト」。プラットフォームや主要部品を共用する欧州仕様車は、三菱、ボルボ、オランダ政府の共同出資会社、オランダはネッドカー社で生産される。
三菱としては欧州初のいわゆる「Bセグメント」に属するコンパクトカーは、2002年度には430万台の需要があったとされる重要な市場に投入されることになる。
三菱は、2007年までに欧州市場に14車種の新型車を展開する計画を掲げており、コルトが担う役割は大きいとしている。
なお、コルトとしては欧州で3代目にあたり(先代までは「ミラージュ」)、同市場では既に80万台が販売されたという。

「ワンモーションフォルム」と呼ばれるスタイリングはほぼ継承しつつ、スリーダイヤモンドを大きく配したフロントマスクを欧州専用の仕様へと一部変更した。また内装にも新意匠を与えた。
ガソリンエンジンは、連続可変バルブタイミング機構を備えた1.1、1.3、1.5リッターの「MIVEC」ユニット。ダイムラークライスラー(DC)と三菱との共同出資でドイツに設立した「MDCパワー」の工場で生産する。一方ディーゼルエンジンは、DC社製の新開発1.5リッターDOHCコモンレール式直噴ディーゼルを採用。トランスミッションは、マニュアルと自動マニュアル(AMT)の2種を揃える。

なおジュネーブショーでは、参考出品車として、3ドア「コルト」のコンセプトカー「コルトCZ3」も初披露するという。

(webCG カワデ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • 2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】 2006.7.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)

    自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。


  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • フェラーリ812スーパーファストNEW 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
ホームへ戻る