「MINI」、発売2周年記念限定モデルを発売

2004.02.16 自動車ニュース
 

「MINI」、発売2周年記念限定モデルを発売

BMWジャパンは、「MINI」発売2周年を記念して、「MINI 2ND ANNIVERSARY MODEL(発売2周年記念モデル)」を発表した。レザーを使ったシートなど、内外に特別装備を施しながら、低めの上乗せ価格とし、2004年2月28日から計500台限定で販売する。


【写真上】「COOPER 2周年記念モデル」
【写真下】「COOPER S 2周年記念モデル」
 

2002年3月2日「ミニの日」の発売から2年……。記念限定モデルのベースは、1.6リッター直4SOHC16バルブエンジンを搭載した「COOPER」(CVT)と、インタークーラー付きスーパーチャージャーを装着したトップグレード「COOPER S」(6段MT)である。

特別装備として、クロスとレザーを組み合わせた「パンサーブラック」色のシートを採用。左右のドアシルには「MINI 2ND ANNIVERSARY MODEL」のロゴを刻印したアルミ製のステッププレートが付き、スペシャルキーホルダーも手に入る。

COOPERには、CDチェンジャーと「ステップトロニックパドルスイッチ」を装備。外装にはクロムラインを配し、足もとは15インチのアロイホイール(8本スポーク)で飾った。外装色は、専用色の「エレクトリックブルーメタリック」とした。
総額で約21.0万円分の装備を加えながら、値段はベースモデルの14.8万円高の249.8万円に抑えた。台数は300台限定。

一方COOPER Sは、1インチアップしたSスポークの17インチアロイホイールを装着。電動のガラスサンルーフも付く。外装色は、エントリーモデルの「ONE」とCOOPERにしかなかった「ペッパーホワイト」とした。しめて約26.0万円分の装備で、ベースより19.8万円高い279.8万円。こちらは200台限定である。

発売初日となる2004年2月28日には、東京・六本木ヒルズ「アリーナ」で開催する「MINI 2ND ANNIVERSARY」イベントで、両モデルを初披露する予定だ。

(webCG カワデ)

MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る