第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?

2004.02.16 小沢コージの勢いまかせ!

第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?

初代シビック
初代シビック
 
第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?の画像
アコードハッチバック
アコードハッチバック

■バラバラのホンダデザイン

先日、初代「ホンダ・シビック」に乗ってる人の取材をいたしました。俺と同い年ぐらいで、「免許取って初めて乗った思い出のクルマ」ってパターンなんだけど、その方は面白い方でした。“南こうせつさんのマネージャー”だったんだけどね。

それはさておき、改めて初代シビックを見て思ったんだけど、この頃のホンダ車ってやっぱイイのよ。見るからに「インテリジェント」。賢そうというか、ムダがないというか。それと同時に、どっからどうみても「ホンダ車」であり、デザインからハッキリ「パワー」と「意思」が感じられた。シビックのみならず、初代シティや初期のアコードも同じ。「それに比べて、最近のホンダ車は……」と、思った次第です。

俺のクルマ好きの友人とも意見が一致したんだけど、ハッキリ言って最近のホンダ車には、デザイン・アイデンティティがないと思うんだよね。あるのかもしれないけど、非常にわかりづらい。
たとえば、もっとも企業イメージが反映されるべき「NSX」や「S2000」にしても、デザインに共通性はない。特定の主張やイメージも、あまり感じられないでしょう? オデッセイやステップワゴン、フィットのデザインもバラバラ。一緒ならいいってワケじゃないけど、昔のホンダ車が持っていたブランドイメージが感じられない。個人的に、フィットのデザインは「合理性」と「スポーティさ」があって、なかなかいいと思うけど。アコードに「合理性」はあるけど、それだけって感じだし。

 
第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?の画像
CMが話題をよんだシティ。
CMが話題をよんだシティ。
 
第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?の画像

■デザインがメーカーを語る

べつに俺は「昔のホンダはヨカッタ〜」というような、ノルタルジーや回顧趣味に浸りたいわけではありません。
「ホンダは、もはや大メーカーになった」
それは事実で、それなりの戦略をとればいいと思うのよ。だけど、デザイン上「フルラインナップを通じてなにか伝えたいものがある」ってのは、大事だと思うんだよね。ジャンルや商品ごとにデザインテイストがバラバラってのは、トヨタやパナソニックぐらいの莫大な規模と実力(としたたかさ?)があって、初めてなせるワザでしょう。

言いたいことはそうじゃなくって、具体的には「日産」との比較。最近の日産車は、どれを見ても「日産」って感じするでしょ。賛否両論あるかもしれないが、俺はとってもいいと思う。
スカイラインはもちろん、ティアナやキューブ、マーチにZも、なんかしらの「共通性」がある。どれも「ややスカして」いながら、「力強さ」「美しさ」を感じるのだ。ある意味「ガイシャ」っぽくて、それが難点といえば難点だけど……。 完全なるジャパニーズデザインを要求するのは、ないものねだり(?)な気もするし。

プレリュード
プレリュード
 
第98回:ホンダ社長へ勝手に提言!最近の“ホンダデザイン”ってヤバいんじゃないの?の画像

■必要なのは“デザイン監督”?

本来、メーカーにはデザイン・アイデンティティがあってしかるべき。っていうか、ホンダには元々それがあったんだからさ。逆にいまは「日産」どころか、「マツダ」にも抜かれているんではあるまいか。最近のマツダ車って、アクセラやアテンザ、RX-8にしても、デザインに統一感あるでしょ。「オラぁ、マツダだ!」みたいな。

ホンダには、日産の中村史郎さんやルノーのパトリック・ルケマンのような、デザインの監督が必要なんだろうな。それはサッカーや野球における「監督」の役目に匹敵する、メーカー全体をコントロールする“デザインのマネージャー”のような。もはやそういう人をどっかからひっぱってくるしかない! それくらい、いまのホンダデザインってヤバイと思うんだけど……。
むしろ、現在のホンダが「国内で元気がない」とか「つまらない」って言われる原因の大半が、デザインにあったりして。F1で勝てない、スポーツカーが売れないなど、他にもいろいろあるけどね。

読者のみなさん、そして昨年ホンダ社長に就任した福井威夫さん、どう思われます?

(文=小沢コージ/2004年2月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!