【スペック】2.5T:全長×全幅×全高=4800×1900×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2100kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500rpm〜4500rpm)/車両本体価格=615.0万円(テスト車=674.0円//アンダープロテクションプレート=4.4万円/リアスキッドプレート=5.3万円/スノーブレード=1.5万円/カーナビゲーションシステムHDX300=20.6万円/アルミホイール“Neptune”=6.3万円/プレミアムサウンド・オーディオシステム=5.0万円/サンルーフ=16.0万円)

ボルボXC90 2.5T(5AT)【試乗記】

「走破」は似合わない 2004.02.14 試乗記 ボルボXC90 2.5T(5AT)……674.0万円ボルボ初となる本格SUV「XC90」。その雪上での実力を試すフィールドに選ばれたのは北海道旭川。プレス向けウインターテストに、webCG 本諏訪が参加した。


ボルボXC90 2.5T(5AT)【試乗記】の画像 拡大


ボルボXC90 2.5T(5AT)【試乗記】の画像 拡大
デザインも特別「ヤル気」にさせるものではない。ちょっと伏し目がちなライトはおとなしそう。そういう意味では、ハードな印象がないアリーナ(ベージュ系)の内装が似合う。

デザインも特別「ヤル気」にさせるものではない。ちょっと伏し目がちなライトはおとなしそう。そういう意味では、ハードな印象がないアリーナ(ベージュ系)の内装が似合う。 拡大

留萌へ!

旭川空港に降り立ったのは夜8時過ぎ。空港前に出迎えるは「マイナス8度」と表示された温度計と雪だるま。ここが今回のボルボXC90プレス試乗会の舞台となる。
2003年5月、日本発表直後に同じく北海道は千歳で開かれた試乗会では、初夏の気候のなか、ロングドライブを楽しんだ。今回は真冬の北海道。北米マーケットをニラんで作られたとはいえ、生まれは北欧。ドイツより北に位置するメーカーが作るクルマは、雪の上でどんな顔を見せるのか、以前から興味があった。

ボルボXC90は、アメリカで盛り上がるSUV人気に乗り遅れまいと、2002年の秋にリリースした同社初の本格SUV。いわば満を持して“後出し”した、「安全」で「快適」なプレミアムSUVである。わが国では、2003年の登録台数では、「BMW X5」におよばないものの、期途中に発売されたのにもかかわらず、メルセデスベンツMクラスや、アウディ・オールロードクワトロを上まわる、947台を達成した。
日本市場には内装を簡素化した「XC90」を含めた3種がラインナップする。旭川に用意された試乗車は、2.5リッターライトプレッシャーターボ(209ps)の「2.5T」と、トップグレードとなる3リッターツインターボ(272ps)の「T-6」。
売り上げのほぼ半分を占めるというメイングレード「2.5T」を主に試乗した。タイヤはノーマルより1インチアップとなる、235/65R17サイズのブリヂストン・ブリザックDM-03スタッドレスを装着する。

ふぶく雪のなか向かったホテルで一夜を明かすと、翌朝、晴れた空の下、XC90 2.5Tのステアリングホイールを握る。ヘッドレストが大きく前に出た、リポーター好みの形状をしたシートに座り、さっそくナビゲーションシステムの目的地を留萌(るもい)市に設定し、走り出した。

XC90のAWDシステムは、電子式のハルデックスユニットによって制御される。駆動力の前後配分を、さまざまなセンサーによりきめ細かくコントロールする。機械式より早く反応するのも特徴。

XC90のAWDシステムは、電子式のハルデックスユニットによって制御される。駆動力の前後配分を、さまざまなセンサーによりきめ細かくコントロールする。機械式より早く反応するのも特徴。 拡大


ボルボXC90 2.5T(5AT)【試乗記】の画像 拡大


ボルボXC90 2.5T(5AT)【試乗記】の画像 拡大

見ていても安心

ボルボのアイデンティティと謳われる、ショルダーの膨らみをドアミラー越しに見つつ、高速道路を使って撮影ポイントに移動する。

新雪の積もる道路を撮影場所に選んだ。50cm近い雪が積もり、除雪もされていないところにクルマを進入させた。
XC90のアプローチアングル28度というポテンシャルに加え、メンバーに直接取り付けられたフロントスキッドプレートは、効果抜群。眼前の雪をモリモリと押しのけつつ、クルマは進む。これがなければフロントバンパーに相当なダメージを受けそうだ。
ボディから張り出す樹脂のバンパーも、雪道への突入を躊躇させない。試乗車にオプションで装着された、オイルパンをカバーする「アンダープロテクションプレート」、リアバンパー下の「リアスキッドプレート」も、このような状況では、さらに安心できるアイテムだ。

「外から見ていても安心ですね。スキッドプレートが利いてます。フォルクスワーゲン・トゥアレグとかベンツのMLとかだと、ボディを傷つけちゃいそうで怖いですけど」と、カメラマン氏。

寒さに耐えながら撮影を終わると、急いで車内に駆け込む。室内は快適だ。3列目シートにまで専用吹き出し口を持つから、定員いっぱいの7人乗っても、寒さに凍える人は出ないハズ。シートヒーターで暖かい運転席に座り、次の目的地に向かう。テスト車は、305W 11スピーカーのプレミアムサウンド・オーディオシステムを積んでいた。ジマンのオーディオをオンにすると、ロクセットの『Sleeping In My Car』が車内に流れ出した。



拡大
DSTC(ダイナミックスタビリティアンドトラクションコントロールシステム)は、ホイールの横滑りを感知すると、ブレーキとスロットル制御し4輪それぞれを個別にコントロール。車両の安定を保つ。

拡大

雪をあまり感じずに

緩やかなカーブが続く、試乗に最適な場所を発見した。3回ほど往復し、雪道でのコーナリングを試す。

ステアリングを大きく切る交差点などでは、アクセルオン時にあやしい挙動を見せていたが、山道などでのコーナリングは至って穏やか。タイヤが横滑りすると、エンジントルクの制御に加え、各輪のブレーキ制御を行うスピン抑制デバイス「DSTC(ダイナミックスタビリティアンドトラクションコントロールシステム)」がスムーズに介入する。XC90はたちまち進行方向を修正させられる。
次にDSTCをオフにして走行。それでもトラクションコントロールは常に作動し、駆動力を最適に配分。電子制御多板クラッチたるハルデックスユニットを用いた4WDシステムのおかげで、DSTCが無いと走れないということはなかった。もちろん、無理をした運転ではこの限りではない。

53:47という前後の重量配分も利いているのだろう。雪道の下り坂でも不安を感じさせない。また仮にリアが出るようなことがあっても、前述のDSTCが横滑りを抑えてくれる。タイヤの性能によるところもあるが、雪上をあまり感じずにドライブすることができた。

【スペック】
T-6:全長×全幅×全高=4800×1900×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2130kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブツインターボ・インタークーラー付き(272ps/5200rpmと38.7kgm/1800〜5000rpm)/車両本体価格=695.0万円(テスト車=723.4円/スノーブレード=1.5万円/カーナビゲーションシステムHDX300=20.6万円/アルミホイール“Aquarius”=6.3万円)

“安心”なクルマ

長いホイールベースと剛性感の高いボディがもたらす車両の安定性。雪道に立ち向かうための数々の装備。「高い走行性能」を求めたというより、「安全走行」を目指した、つまりライントレースより、転倒防止に重点を置いたDSTCなど、ウインターテストでXC90が見せたのは、雪上走行での“安心感”だった。

このSUVに「走破」という言葉は似合わない、と思った。「悪路を積極的に攻める」のではなく、「悪路に遭遇したときに、危なげなく対応できる」という開発姿勢を感じる。“安心感”を持つドライバーは、とまどうことなくそれを乗り越えるはずだから、とボルボの開発陣は言いたいのだろう。豊かな自然を持つ北欧生まれであるがゆえか。

(文=webCG 本諏訪/写真=清水健太/2004年2月)

あなたにおすすめの記事