アルファロメオ「アルファ147」に1.6リッターモデル追加

2004.02.13 自動車ニュース

アルファロメオ「アルファ147」に1.6リッターモデル追加

フィアットオートジャパンは、スポーティハッチバック「147」に、1.6リッターツインスパーク+5段MTを搭載する「147 1.6 ツインスパーク」(5ドア、右ハンドル)を追加。2004年3月6日から販売を開始する。価格は239.0万円。

■ベーシックでも装備は充実

2001年10月から導入され、04年1月までに約9400台を販売した、人気の「アルファ147」シリーズに、エントリーグレード「アルファ147 1.6 ツインスパーク」が追加される。5ドアボディに、同社お得意のツインスパークを備えた1.6リッター直4DOHC16バルブを搭載、トランスミッションに5段MTを組み合わせた、ベーシック&スポーティな内容だ。

パワーソースは、120ps/6200rpmの最高出力と、14.9kgm/4200rpmの最大トルクを発生。装備品は、デュアルゾーン式フルオートエアコンや、駆動輪のスリップを防ぐ「ASR」(アンチ・スリップ・レギュレーション)などの電子デバイス、デュアル、サイド、ウィンドウエアバッグといった安全装備など、上級グレードに劣らない内容だ。

なお、全国のアルファロメオ正規ディーラー87店で、04年3月6日と7日の2日間、「アルファロメオ プリマベーラ フェスタ」を開催する。お問い合わせは、「フリーダイヤル:0120−779−159」まで。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:http://www.alfaromeo-jp.com/

 
アルファロメオ「アルファ147」に1.6リッターモデル追加の画像

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る