第96回:ロータス・エリーゼ“POWERED by TOYOTA”海外試乗報告(その2)

2004.02.12 小沢コージの勢いまかせ!

第96回:ロータス・エリーゼ“POWERED by TOYOTA”海外試乗報告(その2)

 
第96回:ロータス・エリーゼ“POWERED by TOYOTA”海外試乗報告(その2)の画像 拡大
「111R」ロゴ
「111R」ロゴ 拡大

■アメリカ対策

お目当ての「エリーゼ111R」は、「トヨタ・セリカ」などが積む 1.8リッター直4DOHC「VVTL-i」ユニットを搭載したハイパフォーマンス仕様。「2ZZ−GE」型ってやつで、最高出力 192ps/7800rpm、最大トルクは18.5kgm/6800rpmの高回転エンジンね。

インプレッションの前に、なぜセリカ用を載せたのか解説すると、単純にエミッション対策だという。映画『プリティ・ウーマン』に出てきた「ロータス・エスプリ」以来、ロータスは排ガスに厳しいアメリカ市場から遠ざかっていた。でも、現在の自動車メーカーの成功は、世界最大のアメリカ市場なしには考えられない。デキのいいエリーゼで久々に打って出たくても、いままでのローバーKシリーズエンジンじゃ、アメリカの排ガス規制を通らないので、トヨタのエンジンにしようとあいなった。元々トヨタとロータスは関係が深かったからね。

スペック的には、従来の「111」が積む160ps版に比べて32psパワーアップ。エンジン単体の重量は36kg重くなり、重心が1cm高くなったとか。前後重量配分も、フロント38:リア62と、2%ぐらいリアヘビーになった。それから、結構大きいのがブレーキの変化。基本は変わらないものの、サーボとABSが付いたのだ。コイツが結構侮れない。

■本質は変わらない

結論からいっちゃいましょう。全体的なテイストは変わらず、いままでのネガを若干消してスケールアップした感じです。トヨタエンジンは全域トルクの塊で、ドカン!とは加速しないが、いつでもどこでもグイっと、素直にアクセルに反応する。リミットの8000rpmまでキッチリまわるが、個人的には残念なことにトップエンドの伸びは苦しいと思った。まわることはまわるが、若干「軽さ」が足りないのだ。

それよっか、ブレーキはホントにイイね。エンジニアは「世界一のABS」って自画自賛してたけど、あながちウソじゃない。一番驚いたのは雪道のドライブ。ニースの山の上は、モンテカルロラリーさながらに雪が積もってたんだけど、ABSがグリップのギリギリまで効くことといったら! 「手前でABSが働いて、ブレーキ性能を100%活かせない」なーんてことはなかった。感動しました、ロータス様の技術力には。

でもねぇ。正直言っちゃうと「俺的にはどーでもいい!」って変化なんだよね。とにかく、エリーゼって全部楽しいから。一番安い「S」でも全然イイのよ。確かにパワーアップして、ブレーキもラクになったけど、楽しさの本質は変わらない。っていうかさ。エミッション対策しても、クルマの本質は変わらない。魅力ダウンどころかスケールアップしてる。そこがロータスのスゴいところなのかもね!

(文=小沢コージ/2004年2月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】NEW 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る