スズキ「MRワゴン」を値下げ、一部改良

2004.02.12 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」を値下げ、一部改良

スズキは、軽自動車「MRワゴン」の内外装を変更。さらに燃費を向上させるなどしたうえ、従来同等モデルより価格を引き下げ、2004年2月10日に発売した。

内装では主に居住性の向上を狙った改良が行われた。前席にはベンチシートを採用。フロントドアトリムの形状を変更したことにより、室内幅を35mm拡大した。加えて、リアシートの前後スライド量を30mm増やしたことにより、後席居住性もアップしたという。さらにシート表皮、ドアトリム、メーターデザインも変更。外装ではフロントバンパー形状が改められた(「スポーツ」を除く)。

同時に、NAエンジン搭載のFF車は、エンジン性能の向上が図られた。カタログ10・15モード燃費は、従来の18.4km/リッターから18.8km/リッターに上がった。

カラーラインナップも新しくなり、新色4色を含む全10色展開となった。価格は従来同等モデルより1.0から10.0万円下げされ、95.0万円から139.2万円まで。

(webCG 本諏訪)

スズキ「MRワゴン」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/top/

 
スズキ「MRワゴン」を値下げ、一部改良の画像

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る