日産モータースポーツ活動、メインは「Z」のJGTC

2004.02.11 自動車ニュース
 

日産モータースポーツ活動、メインは「Z」のJGTC

2004年2月10日、日産自動車は、今シーズンのモータースポーツ活動報告会を都内ホテルで開いた。


GT500クラス仕様の「Z33フェアレディZ」。迫力のボディは、全長4625mm、全幅1940mmとボリュームアップ。一方で重量は1080kgと400kg近く軽量化される。
 

■「『GT-R』で培った技術を」

日産のモータースポーツ活動の要となるのが、国内で人気を博している全日本GT選手権(JGTC)だ。

2003年はいわば“日産の年”だった。GT500クラスではザナヴィニスモGT-R(スカイラインGT-R)の本山哲/ミハエル・クルムが、またGT300クラスではハセミスポーツ・エンドレスZ(フェアレディZ)の木下みつひろ/柳田真孝がドライバーズタイトルを獲得。GT500ではチームズタイトルをも手中に収め、この年で姿を消すGT-Rの花道を飾った。


エンジンは、「VQ30DETT」の3リッターツインターボ。最高出力は465ps以上、最大トルクは72kgm以上という。トランスミッションは6段シーケンシャル。
 

2004年、日産は“伝説のマシン”GT-Rに替わり、フェアレディZをGT500に昇格させる。現行生産車であり(GT-Rは生産を終えている)、グローバルに認められている“スポーティなアイコン的存在”を、活況を呈しているJGTCのトップクラスに投入することで、技術力とブランドイメージを高め広めていきたい考えだ。

「GT-Rで培った技術をZで活かしいく」というのは、今年よりGT500での日産の総監督を務める柿本邦彦。「目標は、トップ争いができること。いつものように強気でいえばチャンピオンを獲って2連覇したい」と同氏は語る。



 

GT500向けZは、昨年10月にシェイクダウンを終え、先週の時点まで計4回のテストを行ったという。「速さはめいっぱいのところまできている。耐久性、そしてレースでの速さは80%といったところ」(柿本)。

体制は、3チーム4台だ。NISMOチームは、柿元が総監督に就任したことで助監督だった出川洋が監督に昇格。ドライバーは、ディフェンディングチャンピオンの本山とリチャード・ライアンのペア、そして昨年本山とタイトルを獲ったクルムと影山正美の2組を擁する。マシン名は、本山/ライアン組がチャンピオンナンバー「1」を付ける「ザナヴィニスモZ」、クルム/影山組が「モチュールピットワークZ」となる。


NISMOチームのドライバー。左から、ミハエル・クルム/影山正美組、リチャード・ライアン/本山哲組。
 

昨年GT300でZをチャンピオンに導いたハセミモータースポーツは、GT500に返り咲き。長谷見昌弘監督が采配を振り、ホンダから“移籍”した金石年弘と、ベテランのエリック・コマスが「G'ZOX SSRハセミZ」のステアリングを握る。
もう1チームは、星野一義率いるチームインパル。ドライバーは井出有治とブノワ・トレルイエで、「カルソニックインパルZ」を駆る。


ハセミモータースポーツの面々。ホンダで「NSX」を駆った金石年弘(左)が日産勢に加わった。真ん中が長谷見昌弘監督、そしてエリック・コマス。
 

■「複雑な心境で……」

日本を飛び出し、F1レギュラーシート獲得のためルノーチームのテストなどにトライした本山哲。NISMOドライバーとしてJGTCに参戦することが明らかになったことで、今年GPデビューを果たすことは見送られた。

「交渉を続けていたF1チーム(ジョーダン)に不透明なところが多く収集がつかなくなってきてしまった」と苦悩を語るチャンピオン本山。「ズルズルと引きずるのは好きではなかったし……複雑な心境でこの冬を過ごしていた」。
時間は刻々とすぎていった。そんな折り、以前から話をもらっていたNISMOでのJGTC参戦が決まった。

いまのところJGTC以外の活動は未定だが、引き続きF1シートを狙いつつ、フォーミュラニッポンや海外シリーズ参戦の可能性を探っていきたいと語る本山だった。


星野一義(中央)率いるチームインパル。ステアリングを握る井出有治(左)とブノワ・トレルイエ。
 

■「残念ながら7位」

JGTCと並ぶ日産モータースポーツの重要カテゴリーが、“パリダカ”ことダカールラリーだ。
日産が「ピックアップ」でワークス参戦を始めたのは2003年大会から。4年計画の2年目の2004年、前年より上位(つまり5位以上)を目指し、アリ・バタネン、コリン・マクレー、ジニール・ドゥヴィリエ、イヴ・ルーベの4ドライバーが砂漠に挑戦したが、結果は「残念ながら7位」(佐々木健一NISMO社長)。信頼性がネックとなった今回の反省を踏まえ、次回大会に向けてマシン、体制の立て直しを図る。

日産にとっていいニュースは、若手育成「ルーキープログラム」から、元二輪ライダーの池町佳生、三橋淳が出場し、池町が日産「パトロール」(日本名:サファリ)でT1クラス優勝したこと。同プログラムは次回以降も引き継がれるという。


今年F1シートを狙っていた本山哲は、(ひとまず)GPを断念し、JGTCでタイトル防衛に挑む。
 

■サポート支援、海外での活動

その他、入門クラスのワンメイクレースシリーズ「マーチカップレース」も継続開催。JGTC GT300クラスをZで戦うチームダイシンのサポートや、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レースに参戦するファルケンGT-Rのエンジン開発などを手がける。

また、スペインを中心に開催される“ダッラーラ・ニッサン”ことワールドシリーズbyニッサン、アメリカのフォーミュラシリーズ、インフィニティプロシリーズへの協賛なども行うという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る