ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

2004.02.10 自動車ニュース
 

ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

本田技研工業は、3列7人乗り「モビリオ」の5人乗りバージョン「モビリオ・スパイク」に、大型メッキグリルなどでデザインに味付けし、オプション装備も充実させるなどの一部改良を施し、2004年2月12日に発売する。



 

大型メッキグリル、リアバンパーガーニッシュを採用し、外観の質感を向上。同時に1.5リッターVTECエンジンはそのままに、全グレード「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」認定を取得した。

オプションとして、上位の「W」「A」グレードに、リアカメラ付き音声認識Honda HDDナビゲーションシステム、イモビライザー、撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮を設定したことも新しい。

このほか「W」「A」グレードの外装色に、新色の「コスミックグレーパール」「エターナルブルーパール」を加えた。

価格はそれぞれ1000円ずつアップ。FF(前輪駆動)、4WDの順に、「W」が150.0万円と168.0万円、「A」は140.0万円と158.0万円、「Y」は135.0万円と153.0万円。

(webCG カワデ)

本田技研工業「モビリオ・スパイク」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mobiliospike/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モビリオスパイクの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る