ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

2004.02.10 自動車ニュース
 

ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

本田技研工業は、3列7人乗り「モビリオ」の5人乗りバージョン「モビリオ・スパイク」に、大型メッキグリルなどでデザインに味付けし、オプション装備も充実させるなどの一部改良を施し、2004年2月12日に発売する。



 

大型メッキグリル、リアバンパーガーニッシュを採用し、外観の質感を向上。同時に1.5リッターVTECエンジンはそのままに、全グレード「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」認定を取得した。

オプションとして、上位の「W」「A」グレードに、リアカメラ付き音声認識Honda HDDナビゲーションシステム、イモビライザー、撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮を設定したことも新しい。

このほか「W」「A」グレードの外装色に、新色の「コスミックグレーパール」「エターナルブルーパール」を加えた。

価格はそれぞれ1000円ずつアップ。FF(前輪駆動)、4WDの順に、「W」が150.0万円と168.0万円、「A」は140.0万円と158.0万円、「Y」は135.0万円と153.0万円。

(webCG カワデ)

本田技研工業「モビリオ・スパイク」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mobiliospike/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る