ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

2004.02.09 自動車ニュース

ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

ジャガージャパンは、トップモデルである高級大型セダン「XJ」シリーズを対象としたファイナンスプログラム「シェアホルダー」を、2004年2月1日から導入した。新車購入時に半額を現金で支払えば、その後2年間の支払いが猶予される内容。

新車の購入時にオプションを含む車両価格の半額を頭金として現金で支払い、2年後に、残りを現金一括、もしくは最長48回払いのローンで納めるという方式。新車購入後2年間は月々の支払いがなく、金利負担もかからないのが特徴だ。2年後からローンで支払う場合のレートは、ジャガー認定中古車のレートが適用される。

新ファイナンスの対象となるのは、「XJ8 3.5」(833.0万円)、「XJ8 4.2」(993.0万円)、「XJR」(1193.0万円)、そして「SuperV8」(1253.0万円)の4モデルで、2004年3月末までに成約、登録した車両となる。
ジャガージャパンは、消費者のライフプランに合わせて支払方法の選択肢を広げることで、販売機会の拡大を期待する。

詳しくは、ジャガーコール(0120-050-689、午前9時〜午後9時)まで。

(webCG カワデ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm

 
ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラムの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.5.6 試乗記 ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)
    ……1320.0万円

    見た目がガラリと変わった、ジャガーの新型「XJ」。その走りや乗り心地は、一体どんな仕上がりなのか? 巨匠 徳大寺有恒が試した。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る