ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

2004.02.09 自動車ニュース

ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

ジャガージャパンは、トップモデルである高級大型セダン「XJ」シリーズを対象としたファイナンスプログラム「シェアホルダー」を、2004年2月1日から導入した。新車購入時に半額を現金で支払えば、その後2年間の支払いが猶予される内容。

新車の購入時にオプションを含む車両価格の半額を頭金として現金で支払い、2年後に、残りを現金一括、もしくは最長48回払いのローンで納めるという方式。新車購入後2年間は月々の支払いがなく、金利負担もかからないのが特徴だ。2年後からローンで支払う場合のレートは、ジャガー認定中古車のレートが適用される。

新ファイナンスの対象となるのは、「XJ8 3.5」(833.0万円)、「XJ8 4.2」(993.0万円)、「XJR」(1193.0万円)、そして「SuperV8」(1253.0万円)の4モデルで、2004年3月末までに成約、登録した車両となる。
ジャガージャパンは、消費者のライフプランに合わせて支払方法の選択肢を広げることで、販売機会の拡大を期待する。

詳しくは、ジャガーコール(0120-050-689、午前9時〜午後9時)まで。

(webCG カワデ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm

 
ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラムの画像

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2010.5.21 試乗記 ……1320.0万円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジを果たし日本に上陸した、新型「ジャガーXJ」。NAの上級グレード「ポートフォリオ」を駆り、その仕上がりをチェックした。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • ジャガーEペースR-Dynamic S P300 AWD/EペースS D240 AWD【海外試乗記】 2018.2.21 試乗記 ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」がいよいよ公道に降り立った。“身の丈サイズ”のボディーに力強い2リッターエンジンを搭載し、スポーティーなフットワークを備えた「Fペース」の弟分の仕上がりは上々。ヒットの予感に満ちている。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の限定車「クアドリフォリオ カルボニオ」発売 2018.2.16 自動車ニュース 「アルファ・ロメオ・ジュリア」初の限定車となる「クアドリフォリオ カルボニオ」が登場。その名の通りカーボン製パーツを各所に装着するほか、ダークグレー仕上げの鍛造19インチアルミホイールなど軽量パーツを採用し、パフォーマンスを強化している。
ホームへ戻る