ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

2004.02.09 自動車ニュース

ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラム

ジャガージャパンは、トップモデルである高級大型セダン「XJ」シリーズを対象としたファイナンスプログラム「シェアホルダー」を、2004年2月1日から導入した。新車購入時に半額を現金で支払えば、その後2年間の支払いが猶予される内容。

新車の購入時にオプションを含む車両価格の半額を頭金として現金で支払い、2年後に、残りを現金一括、もしくは最長48回払いのローンで納めるという方式。新車購入後2年間は月々の支払いがなく、金利負担もかからないのが特徴だ。2年後からローンで支払う場合のレートは、ジャガー認定中古車のレートが適用される。

新ファイナンスの対象となるのは、「XJ8 3.5」(833.0万円)、「XJ8 4.2」(993.0万円)、「XJR」(1193.0万円)、そして「SuperV8」(1253.0万円)の4モデルで、2004年3月末までに成約、登録した車両となる。
ジャガージャパンは、消費者のライフプランに合わせて支払方法の選択肢を広げることで、販売機会の拡大を期待する。

詳しくは、ジャガーコール(0120-050-689、午前9時〜午後9時)まで。

(webCG カワデ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm

 
ジャガー「XJ」シリーズ専用の新ファイナンスプログラムの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る