WRCスウェディッシュ・ラリー、ロウブが開幕2連勝!【WRC 04】

2004.02.09 自動車ニュース

【WRC 04】WRCスウェディッシュ・ラリー、ロウブが開幕2連勝!

世界ラリー選手権(WRC)第2戦スウェディッシュ・ラリーが、2004年2月6日から8日にかけて、雪のスウェーデンで行われた。シトロエン「クサラWRC」をドライブしたフランス人、セバスチャン・ロウブが、開幕戦モンテカルロに次いで2連勝した。スカンジナビア出身ドライバー以外が同ラリーで優勝したのは初めてのこと。

2位はプジョー「307 WRC」のマーカス・グロンホルム、3位にディフェンディングチャンピオン、スバル「インプレッサWRC2003」のペター・ソルベルグが入った。

雪のラリーとして知られるスウェーデン。滑りやすいコンディションをものともせず、終始安定した走りを見せたのがロウブだった。

初日の第1レグでは、このラリーを得意とするプジョーのグロンホルムがリード。だがデビュー2戦目の307にパワーステアリングトラブルが発生し、フォード「フォーカスRS WRC」のマルコ・マルティンに首位を明け渡した。
しかし、2日目の第2レグで、マルティンは雪の下の岩にフォーカスをヒット。このダメージによりフォードは優勝戦線から脱落した。

ライバルが自滅していくなか、安定感あるロウブがトップに浮上。最終日の第3レグでも波乱は起きず、間もなく30歳になるフランス人ロウブが、うれしい2戦2勝目を飾った。

併催されたプロダクションカー世界ラリー選手権(PCWRC)第1戦では、三菱「ランサーエボリューション」駆るフィンランド人、ヤニ・パーソネンが優勝。スバル「インプレッサWRX STi」の新井敏弘は6位でチャンピオンシップポイント3点を獲得した。

WRC、PCWRCとも、次戦は今年からの新顔、メキシコが舞台。3月12日から14日に開催される。

(webCG 有吉)

WRCスウェディッシュ・ラリー、ロウブが開幕2連勝!

デビュー2戦目の「ランサーWRC」で戦った三菱勢は不発に終わった。ジル・パニッツィは第1レグで、クリスチャン・ソルベルグは第2レグでリタイア。(写真=三菱自動車)

WRCスウェディッシュ・ラリー、ロウブが開幕2連勝!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。