三菱「ランサーエボリューションVIII MR」発売

2004.02.05 自動車ニュース
 

三菱「ランサーエボリューションVIII MR」発売

三菱自動車は、高性能スポーツセダン「ランサーエボリューションVIII」のエンジン性能を高めた、「ランサーエボリューションVIII MR」を発表。2004年2月13日に発売する。改良の目玉は、「GSR」と「RS」グレード、6MT仕様の最大トルク向上や、アルミルーフの採用による軽量化など。



 

■最大トルク40.8kgm

“ランエボ”こと「ランサーエボリューションVIII」が、パワートレインや足まわりを改良。「ランサーエボリューションVIII MR」の名で販売される。「MR」とは、「Mitsubishi Racing」の略で、初代「コルトギャランGTO」や「ランサー」「GTO」など高性能スポーツカーのトップモデルに命名してきた名称だ。
三菱自動車は、2004年のWRC(世界ラリー選手権)に「ランサーWRC04」で復活参戦するなど、モータースポーツ活動の再構築を行っている。「ランエボVIII MR」は、三菱モータースポーツの象徴的存在であると同時に、ホモロゲーションを取得次第、PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)などの参戦車両として、売り込みたい考えだ。

トップグレードの「GSR」と、「RS」の6MT車は、中〜高速域を重視した出力特性を目指してエンジンを改良。ターボチャージャーのタービンノズル径の拡大や、「ウエストゲートソレノイド」を増設して、過給圧制御の最適化。ライバルたる「スバル・インプレッサWRX STI」の最大トルク40.2kgmを上まわる、40.8kgm/3500rpmを得た。
ランサーエボリューションの特徴である、4WDシステム「ACD+スーパーAYC」にも“進化”をみせる。従来のABS作動優先の制御ではなく、路面状況に応じた最適セッティングを実施。乾燥した舗装路などにおいて、ABSが作動していてもACDとAYCが効果的に働き、回頭性やトレース性能を高めたという。



 

ボディの軽量化も進めた。スチール製モノコックボディの国産車では初を謳う、アルミ製ルーフパネルを採用し、約4kg軽量したほか、ドア内部のインパクトバーをアルミ製(3.5kg軽量化)するなど、約10kgの軽量化を実現(GSRと、RSの5MT車)。各ピラーとルーフパネルの結合部を補強し、キャビン剛性アップも図った。
足まわりは、ロードホールディング向上を狙い、独ビルシュタイン社と共同開発の専用ショックアブソーバーを採用した。

一方、外観に大きな変更はなく、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプのエクステンションを黒に、ヘッドランプ外側のプロジェクターレンズを青に塗装するなどして、精悍さを演出。インテリアは、全体をダークトーンでコーディネート。レカロ製フロントシートに、滑りにくいスエード調生地を採用するなど、若干の変更に抑えられた。

価格は以下の通り。かっこ内は、従来との価格比。

GSR(6MT):339.8万円(10.0万円高)
RS(6MT):327.5万円(11.5万円高)
(5MT):274.0万円(変更なし)

(webCG カワデ)

三菱自動車「ランサーエボリューションVIII MR」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/EVO/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択NEW 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る