スバル「フォレスター STiバージョン」など追加

2004.02.05 自動車ニュース
 

スバル「フォレスター STiバージョン」など追加

富士重工業は、SUV「フォレスター」シリーズに、2.5リッターターボ+6MTを搭載した「STi Version」と、本革シートなどで質感を高めた「L.L.Bean EDITION」を追加設定。合わせて、内外装に一部改良を施し、2004年2月3日から発売開始した。



 

■2.5リッターターボ+6MT

2002年2月にフルモデルチェンジを受けた「スバル・フォレスター」に、約2年を経て「STi バージョン」が追加された。全長×全幅×全高=4445×1735×1550mm、ホイールベース2525mmのボディサイズは、ローダウン化した「クロススポーツ」と同じ。車両重量は1490kgと、レガシィツーリングワゴンGT spec.B(5MT)の30kg増しとなる。
外観は、低く構えたボディに専用の前後グリルとバンパー、225/45R18サイズの大径タイヤが目立つものの、大きな変更はなし。一方、機関面はノーマルとかなり異なる。

エンジンは、フォレスターとして初、スバルの国内モデルでもめずらしい、2.5リッター水平対向4気筒ターボを搭載。最高出力265ps/5600rpm、最大トルクは、「レガシィ」シリーズの2リッターターボを3.5kgm上まわり、38.5kgm/3600rpmを発生する。ターボチャージャーやインタークーラーの大型化、可変バルブタイミング機構「AVCS」のチューニングなどにより、中速域で20〜25%のトルク向上を実現したという。あわせて、シリンダーブロックなど各種部品の素材や形状も改良した。
組み合わせるトランスミッションは、ギア比を最適化した専用6段MT。大型クラッチディスクを採用するなどして、大トルクに対応したクラッチ容量を確保した。


インテリアは、全体をオフブラックでコーディネート。「アルカンターラR」表皮を組み合わせた、STiロゴ入りの専用バケットシートや、チェリーレッド色のステッチとSTiのロゴが入ったステアリングホイール、専用のシフトノブとハンドブレーキなどが備わる。
 

ボディは、前後クロスメンバーに補強材を追加して、剛性を向上。足まわりは、ノーマル比で40mmローダウン化。倒立式ストラットやリアスタビライザー径の拡大により、操縦安定性の向上が謳われる。タイヤは、225/45R18サイズのブリヂストン・ポテンザRE030を履く。パワーステアリングは、ギア比1:15のクイックギアレシオで、STiバージョンらしい操作感を目指した。

価格は、フォレスターシリーズで最高額の295.0万円。


XT L.L.Bean EDITION
 

■高級仕様の「L.L.Bean EDITION」

「L.L.Bean EDITION」は、レジャー指向のユーザーを意識して、アウトドア用品ブランドのL.L.Beanとコラボレーションしたモデル。「上質感」をコンセプトに、内外装を高級に仕上げた。
2リッター水平対向4気筒SOHCを搭載する「X20」と、2リッター水平対向4気筒DOHCターボを積む「XT」ベースの2車種を設定。それぞれに、5段MTと4段ATが用意される。

特別装備として、外装に大型ドアミラーとフォグランプ、セルフレベライザー付きサスペンションを標準装備。「X20」は、サイズを16インチにアップしたアルミホイールを装着する。
インテリアは、「L.L. Bean EDITION」ロゴ入りのベージュのレザーシートを採用。フロントシートにシートヒーター、リアシートはスライド式リクライニング機構を備え、ラクシャリー感を演出する。ほかに、ステアリングホイール、ATセレクトレバー、ハンドブレーキレバーが本革巻きとなる。

価格は「X20 L.L.Bean EDITION」がベースモデルより19.8万円アップして、207.8万円(5MT)と214.8万円(4AT)。「XT L.L.Bean EDITION」はベースモデル比17.0万円高で、236.7万円(5MT)と246.5万円(4AT)。

■スポーティ感を向上

フォレスターシリーズの一部改良では、スポーティ感の向上を図るべく、コンビネーションメーターとステアリングホイールの意匠を変更。リアシートにスライド式リクライニング機構を追加、座面を拡大して、快適性を高めた。ボディカラーに「アクアブルーメタリック」など、5色を加えたことも新しい。

車種別では、車高を低めた「クロススポーツ」のフロントシートを新開発の専用シートに改め、ホールド性を向上。ターボモデルの「XT」に、8本スポークの16インチアルミホイールを採用するなどした。オプション装備のサイドエアバッグ大型化など、細かい変更が施される。

価格は、「クロススポーツ2.0i」が5.0万円アップの210.5万円となったが、他グレードは据え置き。「X」(5MT)の178.5万円から、「クロススポーツ2.0T」(4AT)の249.5万円まで。

問い合わせは、最寄りのスバル販売会社か、フリーダイヤル(0120-052215)まで。

(webCG カワデ)

スバル「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る